ナースマン―新米看護士物語 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
2.55
  • (0)
  • (0)
  • (15)
  • (4)
  • (3)
本棚登録 : 43
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (245ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043526048

作品紹介・あらすじ

看護は女性がするもの-それは思い込みにしかすぎません。ナースマンとは、看護職(ナース)を一生の仕事に選んだ男(マン)=看護士さん。今注目の仕事です。主人公は「看護界の坂本龍馬を目指す」新米ナースマン・相馬。先輩にどやしつけられたり、お婆ちゃん患者の純情にほろりとしたり、難病患者との意思疎通に悩みぬいたり。スランプを乗り越えて、「患者と一緒に走るタイプの看護士」に成長するまでの一年間を生き生きと描く、まったく新しい病院ノベルです。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ナース物多いのはmy本棚の仕様です。

  • 今まで読んできた中で1番つまらない駄作な作品。

    以上。

  • 小林光恵さんの本は好き 2週目

  • 男性看護師の奮闘記。患者や同僚や彼女との間で元気に、時に落ち込んだりする日常の一
    部の記録といった感じ。ただ仕事場が病院なだけで、主人公は普通の青年。当たり前のこ
    とだけど、看護師さんも人間なんだなぁと改めて思いました。結構笑えます。

全5件中 1 - 5件を表示

ナースマン―新米看護士物語 (角川文庫)のその他の作品

小林光恵の作品

ツイートする