閨閥―特権階級の盛衰の系譜 (角川文庫)

著者 : 神一行
  • 角川書店 (2002年3月発売)
3.33
  • (0)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :32
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (415ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043533060

作品紹介

鳩山家、宮沢家、中曽根家、豊田家、鹿島家、松下家、安西家…。複雑かつ緊密に婚姻関係を結び、自らの権力・権益を世襲させていく政・官・財のトップたち。彼らは選ばれた者どうし互いに連なり、アメーバのように増殖する支配のネットワークを築きあげている。そしてその頂点に位置する者は…。機会均等と能力主義が謳われる戦後の民主主義社会においても、未だに一部の家系が特権を享受し、受け継いでいく血の連鎖、閨閥。その実態を徹底的に調査し抉り出した衝撃の書。新興勢力の動きを加筆した改訂決定版。

全1件中 1 - 1件を表示

閨閥―特権階級の盛衰の系譜 (角川文庫)のその他の作品

神一行の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
シーナ・アイエン...
マックス ヴェー...
有効な右矢印 無効な右矢印

閨閥―特権階級の盛衰の系譜 (角川文庫)はこんな本です

ツイートする