サイバラ式 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.01
  • (8)
  • (12)
  • (89)
  • (11)
  • (8)
本棚登録 : 282
レビュー : 29
  • Amazon.co.jp ・本 (182ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043543014

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 凡作

  • 息抜きとはこのことをいう。

    サイバラ氏に触れたのはやはり麻雀を覚えた高校生の頃だったのだろうか。そのあたりの記憶は確かではない。ただ本作を通してみる限りなく当時の彼女のものいいと「師匠:銀玉親方」の関係が面白い。

    自分は日本の田舎から出てきたとは言えないが、今住んでいる街からみれば田舎から出てきたことに分類されるに間違いないであろうことを考えると感慨深い。彼女の定義するところの「貧乏」を根源とする数々の意義ある所産が意義深い。そしてその彼女の描くマンガがとっても深い。

    近頃の彼女ももっと知りたくなってきた。そんな気持ちは止められない。

  • エッセイは痛快だし、漫画はなんだかじーんとしますね。
    自分の夢を実現するための行動力をほんと尊敬!見習わなくては…

  • 漫画少し、エッセイと言うか対談? みたいなの少し。
    薄い本なのでサラッと読める。
    サイバラとその友達がいかに無茶なのか、そんなことが書いてある。

  • 全く、楽しめない。
    『自伝的エッセイ』

    貧乏であること。
    それゆえに 人間性が 歪んでしまった。
    また デブにもなった。

    そうだからこそ、友人もいない。
    寂しいなぁ。
    それで、金持ちになった。

    坂を転げ落ちるのはいつなのだろう。
    他人の不幸は 蜜の味。

    とほほ。

  • 2914/4/25

    エッセイ+漫画。
    エッセイの方は言葉も性格も悪くて読んでいて嫌。
    でも漫画は切なくて良い。
    ほんとこの人ひねくれ者なんだろうなーと思った。

  • 西原理恵子デビュー近辺の山崎師匠との共作エッセイ集。そういやこんな時代もあったのね、と。

  • 私はサイバラという漫画家を知らなかった。なので、この本を人が勧めているのを聞いた時には「サイババ式」と勘違いしていた。なんか胡散臭い本だな~と思っていた。正体を知った今でも、「サイバラ」を読むときのアクセントは「サイババ」と同じである。
    ところで本書は、サイバラ本人についてのエッセイと、ほのぼのした(そしてちょっと物悲しい)漫画で構成されている。サイバラが普段どんな漫画を書いているのか知らないのだが、この本の中のショートストーリーはなかなか良い。ノスタルジーを感じてしまう。
    一方エッセイのほうは何だか内輪ネタという感じで、いまいち入っていけなかった。基本的には漫画家サイバラを知っている人向け。

  • 2012/09/10  105円 古本

    ビックリするぐらいつまらなかった
    なんか、ドギツイ女性のイメージだから面白いもの書くんだろうな
    と、期待しすぎた・・・

    マンガ家らしいけど
    マージャンマンガ出身なんだ
    じゃあ世間が思う漫画家じゃなく、デビューからエッセイ系漫画家だったようだ

    他の本ならおもしろいのかな
    また100円なら買うかもしれん。

    一つ共感したのは、男の趣味が似てるかもしれん・・

    本の内容は、がばいばぁちゃんとかぶる。
    作者が田舎出身で、ビンボーな日常が書かれてる。

  • なんか、懐かしい。

    途中に挟み込まれたマンガ。
    雰囲気があってとてもいいです。

    エッセイはそれなりですが。

全29件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

高知生まれ。漫画家。’88年『ちくろ幼稚園』で本格デビュー。’97年『ぼくんち』で文藝春秋漫画賞を受賞。’05年『上京ものがたり』『毎日かあさん』で手塚治虫文化賞短編賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

「2021年 『猫組長と西原理恵子のネコノミクス宣言 コロナ後の幸福論』 で使われていた紹介文から引用しています。」

西原理恵子の作品

ツイートする
×