できるかなリターンズ (角川文庫)

著者 : 西原理恵子
  • 角川書店 (2004年1月24日発売)
3.27
  • (6)
  • (12)
  • (54)
  • (2)
  • (1)
  • 本棚登録 :151
  • レビュー :16
  • Amazon.co.jp ・本 (155ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043543076

できるかなリターンズ (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 東南アジア系が一番好きです。
    もっと適当に生きていていいんだとすくわれます。

  • なんか・・・すごく著者はハードな日常をおくっているなあと思った。 体どころか命張って作家業してる・・? 危険な国に自らのりこんでレポート漫画とかやめようよ・・・
    でもかなり面白かった。 ものすごく毒舌なんで、このひと普段の人間関係大丈夫なのかとか心配になったけど、そんなことわしが心配する筋合いでもないのでよしとしよう。

  • 58/100 No.98「長門有希の100冊」

    中身の半分以上が漫画でして、文字が小さ過ぎきて読めない(>_<)

    紀行文の中に、ダメな国の判断基準が空港に飛行機が捨てられてる数だとかー

    空港に捨てられてる飛行機って・・

    ゼロ戦かい。

    てことは戦争してて、または終戦向かえてまもないので経済が安定してないってこと。

  • あちこちにお引越の企画が集合。どういおうが、メチャクチャはメチャクチャ。面白い。
    『ずっとまえのこと』がすばらしい。『小学一年生』にこれを(理解できるかできないかは別として)掲載したのも驚かれる。

    『出来ない子を出来ないまま』そう言ってもらえたら救われる子がどんなにいることだろうか。そう言えたら救われる親がどんなにいることだろうか。

  • 読みました。笑いました。満足しました。きっともう全著作読まないと気がすまなくなってる気がする。リターンズになっても、相変わらず「できるかな」的なのはロボット相撲の編だけで、あとは寄せ集め的だけど、そういうのでいいんだよ、サイバラは。(06/10/30)

  • りえぞうさん、またまたやらかしてくれるかなって期待感いっぱいで読みはじめてみたら、日本の教育制度の問題点を再認識させられ、インドネシア・カンボジア・サハリンといった国々に目を向けさせられました。やはりあなどれません、サイバラさん。

  • できるかな、のパロディってことねww。西原さんって博打やってロボットつくってアジアに行って有名漫画家と勝負して・・・すごすぎるぜ。日本を代表する漫画家のひとりだなあ、と実感する。

  • 100113(n 100129)
    100512(n 100617)
    101001(a 101014)

  • 2010年1月3日実家に転がってたのを読了。
    文庫版だとただでさえ小さい字がさらに小さく。読みにくく。
    とはいえ体当たりで面白い内容だった。

  • 2009/10/15
    愉快。
    鴨ちゃんもいる。
    さらっと離婚してるけど。

全16件中 1 - 10件を表示

できるかなリターンズ (角川文庫)のその他の作品

西原理恵子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
西原 理恵子
西原 理恵子
有効な右矢印 無効な右矢印

できるかなリターンズ (角川文庫)はこんな本です

ツイートする