眞説 光クラブ事件 戦後金融犯罪の真実と闇 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.13
  • (0)
  • (1)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 36
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (331ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043556045

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • たぶん半村良だったと思うけど、小説の中に光クラブのことが出てきて、それ以来ずっと気になっていた。東大生、高利貸し、自殺と聞くと、世の中をなめた若造の挫折とか単純に連想してしまうけど、その前に「戦争」があったんですね。戦前の日本で、名士の家に生まれた男の子が一生懸命勉強して志望の学校に入ったと思ったら学徒動員。そして戦後のごたごた。若者にこんな経験をさせる世の中はあってはいけないよ。

  • 山崎正嗣が(意識的にか無意識にか)何物かに怒りを感じていたことは読み取れたけれど、そこから貸し金屋を選んだのかは謎だったかな。巷間流れる山崎正嗣像は一面しか押さえてないというのは確かなようだ。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1939(昭和14)年北海道生まれ。現代史研究家、ノンフィクション作家。同志社大学文学部卒。1972年『死なう団事件』で作家デビュー。2004年個人誌『昭和史講座』の刊行により菊池寛賞受賞。2017年『ナショナリズムの昭和』で和辻哲郎文化賞を受賞。近現代史の実証的研究をつづけ、これまで約4000人から証言を得ている。『陸軍省軍務局と日米開戦』『あの戦争は何だったのか』『昭和史の大河を往く』シリーズなど著書多数。

「2018年 『昭和の怪物 七つの謎』 で使われていた紹介文から引用しています。」

眞説 光クラブ事件 戦後金融犯罪の真実と闇 (角川文庫)のその他の作品

保阪正康の作品

ツイートする