世にも奇妙な物語―小説の特別編 遺留品 (角川ホラー文庫)

制作 : 小林 伸一郎 
  • 角川書店 (2002年9月25日発売)
3.47
  • (3)
  • (2)
  • (12)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :58
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043560042

世にも奇妙な物語―小説の特別編 遺留品 (角川ホラー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 4つの話があるのですが、「夜汽車の男」というのが好きです。
    何もかもが大袈裟な所が良いですね。
    でも主人公の男の気持ちはちょっとわかります。
    オカズとご飯の配分は重要ですから!

  • この本も作品集になっていておかしなまち、トカゲのしっぽ、夜汽車の男、マンホールの4つの作品が収録されていました。またテレビで世にも奇妙な物語は見たことがあり、とても興味深く読んでいましたが、少しホラー的な要素や不思議な要素があるので小説で読むのよりはテレビで見た方が楽しめるような気がしました。小説のホラーが好きな人にはお勧めです。

  • 駅弁の話がもう一度見たくて買った
    一つの弁当を如何に美しく食うか〜ってよくやるよね。俺なんか頭の中がおかずの春秋戦国時代ですよ

全4件中 1 - 4件を表示

橋部敦子の作品

世にも奇妙な物語―小説の特別編 遺留品 (角川ホラー文庫)はこんな本です

ツイートする