予言―J‐HORROR THEATER (角川ホラー文庫)

  • 角川書店 (2004年9月発売)
3.05
  • (1)
  • (6)
  • (30)
  • (6)
  • (0)
  • 91人登録
  • 15レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (234ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043563043

予言―J‐HORROR THEATER (角川ホラー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 無限ループって怖くね?

  • 家から帰る途中、娘を事故で亡くした里見。実はその直前、娘が死亡した記事を新聞で読んでいたー。妻と離婚した後も、未来を予想した新聞が送られてきて…。一念発起、死ぬ予定の妻を助けた里見。時がくるって、娘が死んだ日へと戻ってしまう。そして、それは永遠に繰り返される。結構コワイ。

  • 「映画のノベライズ」
    自分の寿命って知りたいですか。
    ボクは知りたいな。
    死ぬまでに何かしたいもん。

  • 恐怖新聞。
    直後に起こる不幸が見えてしまう人の話。
    ラストの無限ループは、何気に怖い。

  • 内容が分かるにつれ、悲しくなった。

  • 未来の出来事(主に事故、殺人)が書かれた新聞を受け取る。
    ・怖い
    ・何気に感動作
    ・短い
    ・ファイト主人公

  • これは映画でもやったけど私は邦画はあまり見ないので本を読みました。

    映画は怖かったのかな??怖いなら見て見たいけど、リングとかも怖いって

    言われて見たけど怖くなかったので(笑)



    予言の原作は、つのだじろう『恐怖新聞』。

    テンポよく読めました。最後は予想外でした?ヾ( ̄0 ̄;ノワオ〜

  • 三上博史主演の映画の原作。
    新聞に記載された出来事が本当に起こる、恐怖新聞。
    ホラーです★

  • 2004.10.16

  • つのだじろうの『恐怖新聞』のその後の話。元の『恐怖新聞』を詳しく知らないのですが、楽しめました。

全15件中 1 - 10件を表示

林巧の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

予言―J‐HORROR THEATER (角川ホラー文庫)はこんな本です

ツイートする