新版・竹取物語―現代語訳付き (角川ソフィア文庫)

制作 : 室伏 信助 
  • 角川書店
3.95
  • (5)
  • (8)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 66
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043568017

作品紹介・あらすじ

竹の中から生まれて翁に育てられた美少女かぐや姫は、たくさんの求婚者を退けて月の世界へ帰っていく。『源氏物語』に「物語の出で来はじめの祖なる竹取りの翁」と評されている、現存最古の物語。最新の研究成果による校注と、こなれた現代語訳を付した文庫版の最高峰。資料・索引付き。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 子供の頃に絵本で読んでからの親しみのある物語。大人になってこうして原文を読むと、かぐや姫の仕打ちのひどさに気づいた。絵本ではそのあたりはやわらかく表現されていたのかもしれない。解説では後の多くの書物に登場していることを示してくれている。それを読むのもおもしろかった。

  • 『源氏物語』のなかで「物語の出で来はじめの祖」と称されるなど、わが国の文学のなかでもとりわけ古い歴史をもつことで知られる作品。講談社学術文庫版の冒頭で触れられているように、じつにさまざまな要素が含まれており、幾通りもの読みかたができる。もちろん底本と現在の流通版のあいだには多少の潤色があるとはいえ、最古級の作品でありながらこの完成度をもっていることに、まずは単純に驚かされる。内容を細かくみていっても、文句のつけようがないであろう。たとえばかぐや姫に求婚する5人の皇子のくだり、ウソをついてごまかそうとしたり、眼の前で燃える姿をみて呆然としたり、手に入れたと思ったらただの糞の塊であったり、取りに行こうとしたら生命の危機に陥る大航海になったりと、それぞれ違った結末が待っていて、この部分だけでも物語としての完成度は相当高いといえるであろう。そのほかの部分についても、もちろん多様な読みかたが可能であり、たとえば翁の心境も、かならずしもかぐや姫寄り一辺倒ではないなど、微妙な揺れ動きがよく表現されている。このようなハイ・レヴェルの作品を、教科書で誰でも親しめる、しかも古典初学者でも気軽に読めるということは、もっと誇りにされてもよいのではないかと思う。しかも長さもそこまでではないので、人生において何度でも読み返したいと思った。

  • 竹取物語をきちんと読んだことがないので購入。
    本は大きく分けて、古文パートと現代語訳パートにわかれてます。
    自力でがんばって読むもよし、現代語訳を見ながら読むもよし、現代文だけを読むもよしだと思います。
    竹取物語にでてくる求婚者の話とか、かぐや姫の気持ちとか、色々見てると思うところがある。

全4件中 1 - 4件を表示

新版・竹取物語―現代語訳付き (角川ソフィア文庫)のその他の作品

ツイートする