ボケてたまるか! 痴呆は自分で防ぐ 家族で治す (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
4.00
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043569021

作品紹介・あらすじ

認知症になる人の生活とはいったいどんなものか? あなたやあなたの家族は大丈夫か? 27000人の治療経験を持つ筆者が認知症治療と予防策をユーモラスに説く。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 親というものは最後まで私たち子供を教育してくれるものだと感じています。今慢性期の病院に入院している母は、仕事一筋で生きてきて、趣味という趣味を持たず、病気もあり働けなくなってきた時、全くすることがなくベッドで寝て過ごすことが増え、自立生活ができなくなりました。今、50代の私はそんな母の姿を見てそうならないようにしなければとあらためて教えられました。おかげで、週一回テニスをし、趣味を持ち、少ないながら親友を持ち、常に挑戦する気持ちを忘れないでいたいと思って過ごしています。ただ、年を重ねた時、親しい身内や友人との死別など耐え難い悲しみを味わうことで虚無感を感じ心に打撃を受けるとも限りません。母もそうであったと思います。そんな時、家族の支えがいかに大切であるかを感じます。

  •  ボケの一つの要因として、生活習慣について述べられている。本人ばかりでなく、家族全体の生活習慣。ボケを呼ぶような家族関係。そして、そのような親に育てられた子供にも訪れるボケやすい生活習慣。このボケスパイラルをどうやって切ることができるのか。
     三つ子の魂百までか。

  • 4043569025 252p 2003・11・5 4版

全3件中 1 - 3件を表示

金子満雄の作品

ボケてたまるか! 痴呆は自分で防ぐ 家族で治す (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×