呪怨 (角川ホラー文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.19
  • (26)
  • (36)
  • (150)
  • (20)
  • (11)
本棚登録 : 471
感想 : 83
  • Amazon.co.jp ・本 (314ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043572045

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2020.10.5
    普通に面白い。2,3時間でサクッと読める。
    怖いか怖くないかで言うと全く怖くない。
    伽耶子が陰キャすぎてやばい。
    陰キャを怒らせると怖いな。

    とっくに死んでるのに、新しい住民のコイツが嫌いなアイツに似てるから殺したとかそんなのいちいち日記につけてるのは可愛くて笑っちゃった。

    トシオくんは普通に良い子。
    剛雄がクズ。

    映画もドラマも一通り見たけど、
    楽しさで言うとこの小説が一番楽しかった。

    真奈美さんが剛雄にやられるシーンは、
    妊娠中に読まなくてよかった。笑

    ネトフリの呪怨もっかい見たくなったな。


    伽耶子にも平凡ながらも幸せな時があったわけで、それが一瞬にして壊れてしまったのは少し切ない。

  • 読みやすい。 伽耶子は、わがままな小さい子供のまま大人になって、わがままで人を殺している。 最後の俊雄が生まれる前のエピソードだけが少し救われる。

  • 伽椰子は人生をずっと暗がりのなかで生きてきた。人に笑われ、顧みられず、誰にも必要とされていないと感じ生きてきた。 そんな彼女も、剛雄に見初められ、結婚し子供ができ、やっと幸せを手にいれたと思っていた。あの惨劇に見舞われるまでは。 リングに続き日本で有名なホラー映画の小説版。伽椰子もジャパンホラー界ではリングの貞子と同じぐらい有名な幽霊ではないだろうか。あとその息子の俊雄も。 何年も前に読んだ作品なので、内容は伽椰子の人間性は覚えていなかったがこんな感じだったっけとびっくり。でも、あの惨劇が起こるまで、夫(少し粗っぽいが)とかわいい子供と間違いなく幸せに暮らしていたのだからその点は同情する。あの余計な一言がなければ円満な家庭で暮らし続けれていたのだろうかと思うと少しやるせない。要らんこと言いのあの医者が死なないのはちょっと不服。

  • 映画のような恐ろしさは無いものの細かく個人の背景が書かれているので面白かったです。何よりも彼女の心情描写が沢山あるので、分かりやすかった。

  • 貞子VS伽椰子の小説を読むための前知識として購入、読了。呪怨を映像で見たことがないのでなんとも言えないが、文章が丁寧で映像がリアルに頭の中に流れてきて、凄く臨場感があった。ただ、俊雄の存在があまりにも不明である。5年後の中田先生のクラスに俊雄がいる。そして訪れた家は「佐伯」。中田は幻を見せられていた?ところどころ不明な点があったが…。これは2で解消されるのだろうか。

  • 当時リアタイで読了
    描写が生々しかったりエレベーターの俊雄くんの所は想像しただけでめっちゃ怖かった記憶がある;;(∩´~`∩);;
    妊婦の腹裂いて胎児を取り出すっていうのもサイコパスみが凄くて震えたけど、そういうの嫌いじゃない←

  • 実は映画の呪怨を完全に観たことがない。チラッとだけ観たことあるけど、布団のなかが怖くなった。これ、映像が先でしたか...。伽椰子の心の内を知れば観られるかもしれないと思ったけど辛いだけだった。巡る恨みの連鎖。最後の伽椰子の話が特に辛い...

  • 怖い、怖かった。
    でも、読み進めてしまった。
    怖かった。
    1人ひとり、または2人、3人と。
    ・・・・あっ・・・・あっ・・・・あっ・・・・

  • 映画は観たはずだけど、伽耶子のエピソードはほとんど記憶になかった。こういう因縁があったのね。
    スッキリしたけど、やはりノベライズだからだろうか、小説としてはイマイチ。
    あと、「女性の指紋」とかガソリンをポリタンクに入れて運んだりしたり、昔の漫画みたいにかなり適当な部分もあったりして、ちょっとそれはどうなのと思ってしまった。

  • 映画では全然わからない伽倻子の事情がよくわかり、より怨みを感じられていいです。

全83件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1961年、東京都生まれ。法政大学文学部卒。93年『履き忘れたもう片方の靴』で第30回文藝賞佳作を受賞してデビュー。著書に『アンダー・ユア・ベッド』『殺人勤務医』『湘南人肉医』『復讐執行人』『飼育する男』『檻の中の少女』『甘い鞭』『殺人鬼を飼う女』『殺人調香師』『あの夜にあったこと』『甘い監獄』『わたしの調教師』『優雅なる監禁』『百二十歳の少女 古美術商・柊ニーナ』『モニター越しの飼育』『溺れる女』など多数。2019年には『アンダー・ユア・ベッド』が映画化。同作は反響を呼び各地でロングラン上映された。

「2020年 『死体でも愛してる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大石圭の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
綿矢 りさ
宮部 みゆき
金原 ひとみ
中野 独人
山田 悠介
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×