輪廻 (角川ホラー文庫)

著者 :
  • 角川書店
2.98
  • (2)
  • (8)
  • (41)
  • (11)
  • (1)
本棚登録 : 142
レビュー : 24
  • Amazon.co.jp ・本 (294ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043572137

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 35年前死んだ人が、現代に生まれかわる。残虐シーンがひどいので、気持ち悪い。ただただ殺戮ばかり。

  • ラストが衝撃でしたね。
    え!?あの人があの殺人鬼の転成した姿だったの!?的な。

  • 文章で読んだからかあんまり、怖さはなかった。あのひとが、あの人だと思わなかったから、純粋に騙されておもしろかった!(*´-`)

  • とても読みやすい文章。

    ですが、文章ではあまり怖くない、かもしれない。
    映像があって初めて怖いかも。
    ラストも結構読めていたし、疑問な部分も多くて、映像で魅せる所、が多かったように思えます。

  • 血だらけの本。
    こんな人生なら、生まれ変わらなくていいかな。
    怖くはないが、血が苦手だとキツイかも。
    あと、若干の性描写があるから、子供が読むなら気をつけた方がいいかも。

  • ホラー映画のノベライズもの。

    ホラー映画は映像があるから怖いのであって、文章化すると、映像を受け取る主体が第三者となる、つまり第三者が怖いと感じるところを押し付けられるため、敬遠していた。

    しかし今回はこの第三者が大石圭ということで、かなり満足。話の合間合間に輪廻が起こったとしか考えられない実体験がアップされてるのも良い。

    ラストが少し弱いかな?

  •  映画「輪廻」のノベライズ。
     大石圭は、「呪音」のノベライズの作家として有名なんだけど、ま、ノベライズはノベライズだからねぇって、読まずにきてたんだが、なんかノベライズとは気付かずに買ってしまったww

     転生輪廻を実証すると11人を惨殺した男。事件の35年後、それの映画化が持ち上がるが…。

     狂った男の話と、映画のヒロインの話が交錯して進む。ま、まず、転生輪廻がある、という大前提を受け入れてないと物語が成立しないので、注意を。
     
     で、うーん。
     いっそ、ヒロインだけの視点で進んでいった方が怖かったんだろうなぁと思う。もっとも、それじゃあ、全く意味がわからないってことにもなったんだろうけど。
     ってことで、ちょっと中途半端。
     
     でも、大石圭らしい淡々さが、怖いのは怖いですよ。はい。

  • 寝れなくなる。普通に怖い。

  • 面白そうだと思い借りてみたが内容はよくわからなかった。

  • 転生ネタホラー……ま、ありがちなネタだけど、この人のノベライズなら恐怖演出が見ものだな、と考えてぼーっと読んでたら。そういうオチがありましたかっ! いや、よく考えたら気づきそうなものだったけど、雰囲気に呑まれてたわ。

全24件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1961年、東京都生まれ。法政大学文学部卒。93年「履き忘れたもう片方の靴」で第30回文藝賞佳作を受賞してデビュー。著書に『アンダー・ユア・ベッド』『湘南人肉医』『檻の中の少女』『甘い鞭』など多数。

「2018年 『モニター越しの飼育』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大石圭の作品

ツイートする