檻の中の少女 (角川ホラー文庫)

著者 : 大石圭
  • 角川書店 (2008年1月25日発売)
3.04
  • (5)
  • (14)
  • (53)
  • (16)
  • (2)
  • 本棚登録 :208
  • レビュー :29
  • Amazon.co.jp ・本 (381ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043572175

檻の中の少女 (角川ホラー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 日本版ロリータですかね。
    元祖のを読んでないので比較できませんが。
    少女と絵描きの中年男性との話なのですが
    好きだ嫌いだどうしようみたいなところに 気をとられていたら
    意外な展開に「そーくるか!」的な 嬉しさがありました。
    終わり方も気に入りました。

    ( ・_ゝ・)<悲しくも切ない勝手な愛。

  • ホラーを名乗るなこの変態が

  • 文章が好みだった。
    サラッと読めておもしろい。
    電車の中やら時間つぶしに読むには最適ですね。

  • 前半のふたりのやりとりは好きだった。
    なのに後半…
    成長後がなければよかったのに。
    プラトニックだったらよかったのに。
    そもそも角川ホラーという時点でそういった想定をした話ではない上に、期待し過ぎたというところもあるのかもしれないが、そこがなければ文学作品になったんじゃないかと思わないでもない。残念。

  • 途中から筋が見えて、意外性なくて飽きる。
    読みやすいから最後まで読めた。

  • タイトルからして、また、監禁ものか、と思ったんですけど、予想と違って、少女が監禁される話ではありません。

    他の大石作品で、監禁+レイプや、殺人+屍姦という内容を読んだ後だからか、ロリ+父娘相姦を扱っているのに、あまりインモラルな内容だとは感じられませんでした。

    むしろ、狂おしいまでに切ない恋物語に、読んでいる間、ずっと胸がときめくような気持ちになりました。

    『アンダー・ユア・ベッド』『殺人勤務医』と並べて、個人的には大石作品のベスト3に数えたいと思います。

  • さらーっと、止まる所無く読めてしまう大石節は相変わらず。
    本当に、ざくっと読めてしまいます。
    文章自体はやはり好みだし、話も考えるものがあったのですが、ホラー作品としては星ふたつ。で、差し引きみっつ。
    ウラジミール・ナボコフの「ロリータ」リスペクトだそうです。

    何にも興味のないしがない画家が、ある時から11歳の美しい少女をモデルとして絵を描く事になる。
    彼女との良い関係を楽しみながらも絵を書いていた日々は、彼女の母親の暴力によって大きく変わる。
    そして…

    という感じです。
    少女に「美」を感じる人には、クる作品かもしれません。
    汚く、醜く、狂おしく、美しいです。


    あ、少しエロいです。

  • 男視点、少女視点と、ころころ変わって描かれているせいか
    感情移入がしづらかった。

  • うーん
    うーん……
    大石圭は大好きだったんですが、これはどうも肌にあわず……

  • 大石圭さん、もうこういうのいいです。ただの変態じゃないか

全29件中 1 - 10件を表示

檻の中の少女 (角川ホラー文庫)のその他の作品

大石圭の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

檻の中の少女 (角川ホラー文庫)はこんな本です

ツイートする