呪怨 白い老女 (角川ホラー文庫)

著者 : 大石圭
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2009年6月25日発売)
3.08
  • (2)
  • (3)
  • (4)
  • (2)
  • (2)
  • 本棚登録 :47
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (179ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043572205

呪怨 白い老女 (角川ホラー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • リアル感があり、かなり怖いです。
    でも読み応えあります。

  • これはなあ……幽霊ものの怖さというよりもむしろ、生きた人間の現代病理、という気がしました。たしかに何かに「取り憑かれた」のが原因なのでしょうが。ううむ、こういうのってホラーでない現実でありそうですからねえ。なおさら怖い。でも嫌な怖さ。
    ところで「白い老女」の正体はいまいち不明ですね。それが怖さに拍車をかけているような気もするかも。

  • 呪怨シリーズでもかなり新しめの作品である。自分が興味をもつのは大抵の場合映画化やアニメ化されたものが多い。見比べることが出来るからだ。この本もやはり呪怨シリーズならではの表現が多い。ネタバレになるので深くは書かないがなるべくなら夜には読みたくない作品である。

全3件中 1 - 3件を表示

呪怨 白い老女 (角川ホラー文庫)のその他の作品

大石圭の作品

呪怨 白い老女 (角川ホラー文庫)はこんな本です

ツイートする