芥川龍之介の「羅生門」「河童」ほか6編 (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス 近代文学編)

制作 : 角川書店 
  • 角川学芸出版
3.45
  • (10)
  • (2)
  • (30)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 88
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (364ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043574155

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 10月30日読了。SonyのReaderにて。人間世界とあべこべな河童の世界に暮らした男の回想をつづる「河童」が、ガリバー旅行記を下敷きにした物語のようだが作者一流の意地悪いひねりが加わり、終盤近くから非常にビミョーな余韻を残す仕掛けになっており面白い。何が正しくて何が滑稽なのか?今が幸せでないとして、では今の幸せでない要因を取り払ったら幸せに慣れるのか?など、「羅生門」「鼻」などから来る問いは、短編だけにどれも実に切れ味鋭い。

  • 高校の時に教科書で読みました。

    また、母の子供の頃に読んだので今でもこの作品は、忘れられません。

  • 「地獄変」「鼻」「河童」が特に好き。

  • 全部書くのは面倒くさいからひとまとめ。おもしろい!(だったら一つ一つ書けよ)

  • 本文に解説が脚注でなく括弧書きで書かれているので少し読みづらい。河童を省略するならマイナーな文章を抜かせばいいものを…。

全5件中 1 - 5件を表示

芥川龍之介の「羅生門」「河童」ほか6編 (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス 近代文学編)のその他の作品

芥川龍之介の「羅生門」「河童」ほか6編 (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス 近代文学編)に関連する談話室の質問

芥川龍之介の「羅生門」「河童」ほか6編 (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス 近代文学編)を本棚に登録しているひと

ツイートする