取り扱い注意 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.53
  • (6)
  • (13)
  • (23)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 118
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043593019

作品紹介・あらすじ

「やっぱり強盗やるか」。僕と、酔助叔父と、そして選ばれたニンフェット・鈴村綾。すべてはロリータから始まり、僕らの物語は、その夏”大いなる一瞬(ル・グラン・モマン)”を迎えた--。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • やはりおもしろい、他の作品も読みたい。
    それに、もう一度、時系列を分かりながら、この作品を一気に読みたい。
    おじさんも女の子も主人公も女もみな、どうしようもないけど魅力的。ちゃんとしてないところが素敵。

  • 通勤途中にある図書館の分館は本館と比べて蔵書が古くさながら古書店の趣きを醸し出して…で懐かしさも手伝い借りてきたのが性懲りもなくまた正午さんの20年も前の本。
    それなのについこの間読んだ最新刊の「鳩の撃退法」と内容が全く変わらないのは何故なんだろう?同じ人が描いているのだから当然と言えば当然なのだがその進化の無さに結構笑えたのは事実。いやきっと文壇きっての小説巧者らしい正午さんのことだから進化が無いのではなくそれはきっと最初から高度に完成していたと言うことにしておこう。
    なんにせよこの独りよがりのハードボイルドはクセになるのですよ、はい

  • 佐藤正午の名作といえば『Y』や『ジャンプ』があげられると思うけど、『取り扱い注意』も傑作だと思う。ただ知名度は低いけど。佐藤正午の中でもトップクラスに会話が面白く、構成もすごく凝っている。時系列がバラバラになっているので、戸惑うところもあるけど構成の妙に唸らされる。佐藤正午版のロリータとでもいうのだろうか。

  • 「ロリータ」を読めってことか?

  • 女性をとろけさせる能力を持つ主人公。
    さまざまな女性付き合いと
    人生のポイントで現れる叔父の存在。
    解説にある通り、ストーリーを追うだけでは
    佐藤正午の醍醐味は理解できないようだ。
    読み切った時の快感を味わえるよう
    努力が必要。
    再読必須。

  • 佐藤正午節全開。私が感じる佐藤正午節とは、読んでも読まなくても特にこれからの生活に支障はないけれど、読んでいる間だけは確実に時間を潰すことのできる良くも悪くもないリズム。どこかの喫茶店で、心地よいBGMが鳴っていたけど、どんな曲だったのか全く思い出せないような。
    そんな中でも特に本作は、スリリングな展開も、どんでん返しも何もない。駅前で素人のちょっと上手い人が弾き語りをやっているような(翌日にはそのことすら忘れてる)。
    そんな快作を生み出し続ける佐藤正午作品は、いまや直木賞作家作品なのだなぁ、と感慨深いものがあるのです。

  • 登場人物の一人一人が濃厚で、印象深い。だからストーリーに厚みが出るんだろうな。

  • 「追われてもいい、上等だ、どこまでも逃げてやる」

  • 佐藤正午の取り扱い注意を読みました。

    主人公の鮎川英雄は「女をとろけさせ、夢中にさせること」という特技を持っています。
    市役所の職員として複数の女と遊びながら過ごしていた英雄は、姿をくらましていた叔父の酔助が現われたことにより無謀な計画に加担することになってしまいます。

    佐藤正午らしい語り口と物語展開でおもしろく読みました。

    英単語のボードゲーム、スクラブルが物語のキーになっていてその点も面白いと思いました。

  • 小説っておもしろいなあ。物語っておもしろいなあ。登場人物、魅力的。伊坂幸太郎の小説の人物も相当好きだが、佐藤正午のほうはもうちょいクセあって、色っぽくもあって、ダメさがもうちょい、ダメ。美しくない感じもいい。久々、というか、20代に読んでたときと少し違う感覚で読める。

全15件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1955年長崎県佐世保市生まれ。『永遠の1/2』ですばる文学賞、『鳩の撃退法』で山田風太郎賞受賞。おもな著作に『リボルバー』『Y』『ジャンプ』など。

「2016年 『まるまる、フルーツ おいしい文藝』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐藤正午の作品

取り扱い注意 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×