たのもしき日本語 (角川文庫)

  • 角川書店
3.80
  • (15)
  • (7)
  • (24)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 78
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (485ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043600014

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 日本語って、たのもしい!

  • 完全に影響を受けた一冊さ。
    語り口の妙だな。

  • 日本語のたのもしさに関する本。

    色々な言葉が対談形式で語られていて、その掛け合いが凄く面白い。

    また、日本語のみならず、ロシア語やオランダ語、フランス語に至るまで幅広く取り扱っていて、それぞれに素朴な疑問が散りばめられています。

    「アジト」ってロシア語が語源だったのか!
    雑学も吸収できます。

  • にやにや読んでいるのをみられ、外国人に「翻訳シテクレ」と頼まれたら、相当困るであろう、一冊。国内向き。

    ときどき出てくる吉田戦車さんのカットがGOOD。

    続刊の「失敗、成功、中くらい」は文庫化されていない様子。

  • 日本語の「たのもしさ」を延々語りつくす本。「たのもしい」という表現自体から何となくおかしさを感じてしまったが、思い込みとか偏見ばかりと思いきやたまに当たってたりするのがまた面白い。

  • 090228(a 090327)

  • 言葉の可能性。言葉の可塑性。変容性。あいまいにしているけど、本当はそこのところどうなの!黒しろをはっきりつけてみよう!という意気込みを示した本。言葉がもっている表現としての楽しさは、こうした感性のすりあわせの中から磨かれるのではないか。言葉なんてつまらないよ、と思っている人にぜひ。エコマッチ、ってどんな道具かこの本の中で探してみよう。吉田戦車の楽しいイラスト解説で笑うこと必定。

  • 吉田戦車が好きなので買ってみた本。博覧強記な二人が語の成り立ちから付随するイメージまで自由に語っていて面白い。これから真面目に言葉を研究する人にも良い入門書となるのではないか。研究の方向性を間違えそうだが。吉田戦車の言葉に対するこだわりが伺える。

  • ニヤニヤ笑える

  • 探して探して探しまくってようやく手に入れたら、その直後に文庫化。泣いた。でも死ぬほど面白い。

全16件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

漫画家。『伝染るんです。』『ぷりぷり県』『まんが親』などがあり、不条理ギャグから日常生活まで幅広い作品がある。絵本に、『あかちゃん もってる』『走れ!みかんのかわ』。

「2021年 『ににんがし!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

吉田戦車の作品

ツイートする
×