夢にも思わない (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.32
  • (128)
  • (300)
  • (927)
  • (78)
  • (10)
本棚登録 : 3222
レビュー : 237
  • Amazon.co.jp ・本 (374ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043611027

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 撃ち合いとか殺人は置いといて、ありそうな話。
    特に中学生くらいの時って、考え方がまだまだ未熟だから、気づかずに誰かを傷つけている。
    主人公も最後には同じ過ちを犯していると思ってしまった。

  • 今夜は眠れないの続編。 同級生の従兄弟が殺され主人公と友人2人で真相解明に乗り出す。 どうやら売春組織との係わり合いがあったらしい?

  • 「今夜は眠れない」の続編

  • 続編とは知らずに宮部作品ってことでスタート。
    前作読まなくても、たいして問題はなし。
    それよりも本当に中学1年生ですか?っていう問いかけをしたくなる。
    警察も、一般人の、しかも中学生にペラペラしゃべりすぎだし。
    終わり方としてはなかなか面白いし、
    人間の奥深い部分を描いてて、宮部さんらしいけど、
    やっぱり設定は無理があるなー。
    宮部作品の子供ってこういう、ちょっと大人っぽい子が多いね。
    次は1作目も読んでみよう!

  • 少年、少女向けかな。十三歳の僕は、クドウさんのことが大好きで、白河庭園での虫聞きの会で殺されたのは、まさかクドウさん?親友の島崎と謎解きをしていくと思いがけない事が。大人でも苦しい結末。

  • 『今夜は眠れない』という本の続編です。こちらの事件のあとにまた事件がおきたよというような流れ。続編っていっても登場人物が同じくらいで、前作を読んでなくても全く問題ないかと(私は昔読んだけど、内容ほとんど覚えてない)。
    事件というとミステリー的な感じがしますが、宮部さんの場合はそうは思わさせません。ズッコケ3人組みたく軽い感じ。でも、事件がどうなるというより一人一人の個性や裏の方にミステリーを感じます。
    恋の行方より雅男君と島崎君のコンビの方が気になって読みすすめていきました。そのはずがいつの間にかクドウさんにやられた。
    解説にあるとおり人には表も裏もあるって実感。中学生だからこそしょっぱい気持ちにさせられて、雅男君の気持ちが一番分かるなあと思いました。
    今読むと分かりませんが、前作の方がワクワクして面白かったかなと思います。

  • 面白かつた。
    最初から、好きなこが死んでしまったかも!と衝撃的な話で結構どうなっていくんだろうかとすらすらはまった☆
    最後も悲しいおわりだ。

  • 文体も内容も小学生~中学生向き。一言で言うならば、純粋という名の凶器。その裏に隠された汚い部分。主人公が素直なだけに、ラストの主人公の心境が痛々しく感じる。ちょっぴり人間不信・疑心暗鬼になりそう。

  • 中学生らしさが感じられない主人公たちに違和感を覚えた。

  • 読みやすい。けどそこまで驚きとかもなくて残念。

著者プロフィール

宮部 みゆき(みやべ みゆき)
1960年、東京都生まれ。1987年に「我らが隣人の犯罪」でオール讀物推理小説新人賞を受賞し、デビュー。1992年『龍は眠る』で日本推理作家協会賞、1999年には『理由』で直木賞、2002年『模倣犯』で司馬遼太郎賞、2007年『名もなき毒』で吉川英治文学賞など、数々の文学賞を受賞。大沢オフィス所属。日本推理作家協会会員。日本SF作家クラブ会員。直木賞、日本SF大賞、小説すばる新人賞、河合隼雄物語賞など多くの文学賞で選考委員を務める。『模倣犯』や『ブレイブ・ストーリー』など、多くの作品がドラマ化や映画化などメディア・ミックスされており、日本を代表するエンターテインメント作家として人気を博している。2019年7月10日『さよならの儀式』を刊行。

夢にも思わない (角川文庫)のその他の作品

夢にも思わない 単行本 夢にも思わない 宮部みゆき
夢にも思わない (C・NOVELS) 新書 夢にも思わない (C・NOVELS) 宮部みゆき

宮部みゆきの作品

ツイートする