さあ、きょうからマジメになるぞ! (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.48
  • (5)
  • (1)
  • (17)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 50
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043621026

作品紹介・あらすじ

ロープで手足をくくられては岸和田港に捨てられて、足にコンクリートのゲタを履かせてもらっては岸壁から投げ捨てられる。はたまた、初めての東京で、夜の新宿を睨みつけたと思ったら、アトランタではブラジル人をしばきたおし、そして三十二年ぶりの父親との再会に、遠くを見つめてしまったおのれを反省する。そんな、ときにはゴキブリとも会話をしちゃったりする、死ぬまで現役ゴンタクレ、女よりもツレが大事な、岸和田少年愚連隊、中場利一の、涙と笑いのエッセイ集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • すごくおもしろい。

  • 一時期、中場さんにのめり込みました

  • チュン場さん、ぜったいムリやって。笑

  • 引き続き、異文化コミュニケーションのお勉強です。
    生まれも育ちも岸和田の人が、「おもろかったわー。出てくる町も人間も知ってるから、余計おもろかった。(←イニシャルで書いていても、判るそうです)」と言っているのを聞いて、私も読みたくなったのでした。
    最初は、わりと笑って読んでいたのですが、それが段々と、恐怖に変ってきました。
    「・・・ホントにこんなことって、あるの?!」と。
    岸和田の彼に、今、↑きいてみました。

    岸「ところどころは、作ってるんとちゃう?」
    私「ふむふむ。じゃあ、町長候補の人を、一ヶ月間、駅のホームに叩きつけるとかは・・・」
    岸「それはホンマやろ。」
    私「え・・・じゃあ、昔、チュンバのお家の庭には、○○○が埋めてあったっていうのは・・・」
    岸「それもホンマやろ。」
    私「えぇーーーっ!!??普通のお家やのにぃ!?」
    岸「そんなに騒ぐことか?」
    私「だってだって・・・凄くない?」
    岸「それくらいしよる。」

    しませんしません。
    何度か、岸和田に行ったことはあります。
    私が住んでいる町よりも静かで、空が低くてキレイで、いいなぁと思いました。
    気づかなかっただけなのでしょうか。

    同じ関西でも、異質。
    大阪府内で見ても、ちょっと違う。
    泉州地方で見ても、浮いているような。
    岸和田市は、日本から独立した、立派な一国家なのでは。
    バチカン市国のような感じ?
    岸和田の男の子に憧れている、同僚のSさん(堺市在住)が言うには、岸和田カジュアル、略して「キシカジ」という、岸和田の男の子独特の服の着方というか、雰囲気があるらしいですし。
    (ちなみに、キシカジについても、岸和田の彼に聞いたところ、『そんなもんあるかいな。あっても首にタオルまいて、健康サンダルはいてるくらいちゃうか』とのことでしたが・・・)

    南海電車に乗る時は、パスポートが・・・そんなわけないですね。(*_*)

全4件中 1 - 4件を表示

中場利一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中場 利一
中場 利一
石田 衣良
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×