トリック〈2〉 (角川文庫)

制作 : 堤 幸彦 
  • 角川書店
3.49
  • (41)
  • (44)
  • (159)
  • (5)
  • (0)
  • 本棚登録 :588
  • レビュー :42
  • Amazon.co.jp ・本 (377ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043623020

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • トリックシリーズは、ノリが軽いけど、ちゃんとした脚本家が書いているので、ストーリーやそれこそトリックがきちんとできていて面白い。

  • さくさく読める作品。トリック自体はそんなに難しいものではないけれど、登場人物の掛け合いや、言葉遊びが面白い。映像でのトリックに慣れすぎているから、文章を読んでいても映像を見ているようで流れるように読めました。

  •  大人気テレビドラマのノベライズ本。ノベライズとはヒットした映画やテレビドラマのシナリオを小説化することである。TVのシナリオを無理やり小説にしても半分も伝わらない。『トリック』の成功は俳優に負う所が大きい。

  • 相変わらず良いテンポで進んでいきますね。一気読みしちゃいました。ただ、肝心のトリックはちょっと納得できないものばかり。まぁそこまで言ったら野暮ですね。この相性良いんだか悪いんだか分からない二人から目が離せません。所で表紙の阿部ちゃん浮いてますよね?見間違いじゃないよな…。

  • カメ。

  • オモローーーーー←

  • 阿部寛好きだよ。

  • ドラマ本編見たくなります。
    これとSPECの二つでケイゾクの続編なのだと信じています。

  • ドラマシリーズも大好きですが、そのきっかけは本屋でたまたま手に取ったこの一冊でした。二人のやりとりが秀逸。

  • 実際には起こりえない、不可思議な人物や村がエピソードのなかでのキーになっていた
    そのキーがどれも独特で発想に富んでいると感じ、
    読んでいてその世界観にひきこまれた
    5このエピソード、どれも面白く全てを通して山田と上田のやりとりが目に浮かび、爆笑だった!
    読んで損はないと思います(^◇^)///

全42件中 1 - 10件を表示

トリック〈2〉 (角川文庫)のその他の作品

TRICK2 ― トリック2 単行本 TRICK2 ― トリック2 蒔田光治
TRICK2 (角川文庫) Kindle版 TRICK2 (角川文庫) 蒔田光治

蒔田光治の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

トリック〈2〉 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする