TRICK 劇場版 (角川文庫)

著者 : 蒔田光治
制作 : 堤 幸彦 
  • 角川書店 (2003年9月発売)
3.41
  • (29)
  • (31)
  • (132)
  • (5)
  • (1)
  • 本棚登録 :381
  • レビュー :34
  • Amazon.co.jp ・本 (180ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043623037

TRICK 劇場版 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 映画も観たはずなんだが、最後のあたりしか覚えてなかった。また観たい。

  • 会話が可笑しくて笑えた。映画も見てみたいなぁ。

  • 読んだ。

    一作目の劇場版。
    映画は面白かったけど小説でも十分楽しい。

    TRICKのすっとぼけたテイストにちょびっと恋愛の要素が入って
    よんだあと、あ”ーーいいなこんちくしょう!っていう気分に
    なる秀逸なストーリー

  • にせものの神ww TRICK好きだわ((´∀`))ケラケラ

  • 名古屋などを舞台とした作品です。

  • 面白かった

  • 2010.06.05.読破

  • この作品は、様々なトリックだけでなくシュールな笑いがたくさん入っていて面白い作品です。皆さんも是非読んでみてください。

  • TRICKシリーズは全部みてます。なんつっても上田がはんぱないです。今作でもめっちゃ大活躍です。ほかのシリーズも含めて全部見てみてください。かなりおすすめです

  • 自称天才マジシャン・山田奈緒子と、日本科学技術大学物理学教授・上田次郎のコンビが、超常現象に隠されたトリックを解決していくドラマで300年に一度に亀が災いをもたらすが、神様によって救われる村、糸節村。無名の売れないマジシャンである奈緒子なら神様を演じても村民にバレることはないという理由で、奈緒子は村の青年団長の神崎と南川に「神様を演じて欲しい」と頼まれ大金を渡される。一方、上田は「どんと来い!超常現象」の編集者に「糸節村にはさまざまな謎があるので解いて欲しい」と頼まれる。奈緒子は神崎と南川につれられて、上田は極秘に糸節村に訪れ、数々の謎を解くことになる

全34件中 1 - 10件を表示

TRICK 劇場版 (角川文庫)のその他の作品

蒔田光治の作品

ツイートする