劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル (角川文庫)

著者 :
制作 : 堤 幸彦 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
4.00
  • (2)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 38
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (185ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043623105

作品紹介・あらすじ

万練村に住む中森翔平という青年が上田を訪ねてきた。村を治めた彼の祖母、霊能力者・カミハエーリが他界し、後継者を決めるバトルロイヤルが開催されるが、集まってきた霊能力者がインチキだと上田に暴いてほしいというのだ。一方、財宝狙いでこの大会に参加した奈緒子は村で上田と鉢合わせ。2人は敵同士のふりをして協力し合うことに。だが、大会は殺し合いに発展し…。劇場版第3弾ノベライズ、待望の文庫化。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 代々カミハエーリと呼ばれる霊能力者によって治められる山里・万練村。先代のカミハエーリが亡くなり、後継者を決める争いが起ころうとしていた。その候補者である青年・翔平から戦いを終わらせるように依頼を受けた上田と、家賃と人助けの為にその募集に乗ってしまった奈緒子。二人は協力して他の自称・霊能力者のインチキを暴いていこうとするが、一人が殺されたことによって霊能力による殺し合い――バトルロイヤルが始まってしまった! 奈緒子は生き残ることが出来るのか? 奈緒子の中に眠る霊能力は本当なのか? 再び訪れる絶体絶命のピンチに、二人はどう抗うのか! TRICKまるっと十周年記念作ノベライズ。白馬に乗る鈴木の姿、あれは、あ、あばれ……あばれ……!

    まだだ……まだ終わらんよ! この程度ではTRICKは沈まぬ! でもノベライズ文庫は尽きた。というわけで終わらない終われない終わらせないTRICK祭りもいよいよ終盤。四年前に公開になった劇場版3のノベライズでござうる。何故かつばさ文庫でも出されているから思わずそっちも買いそうになった…
    内容は忘れていたわけでなくむしろ好きだったから覚えていたんですが、改めて読み直してみるとすでにラストステージへの布石がしっかり出来ていたんだなあと思います。狙ってしたのかどうかはわかんないけど。フーディニのエピソードもそうだし、奈緒子の霊能力についての(鈴木からの)示唆もきっちりあるし、鈴木の姿はラスステ後、奈緒子と再会出来なかったルートの上田が辿る未来の姿であると思うし、いや五周目行く前に見直し&読み直ししておいてよかったなって。はい今日ラスステ五回目行きましたね(信者顔 六回目行きたいけどさすがにもう無茶かな…都会ほど映画館に恵まれてないからぬ
    映画本編だとやむ落ちになってるやつがノベライズでは採用されてたり(でも上田の「火に油を注ぐようなものだ」くらいしかないかも)するのでぜひ映画本編ともお楽しみくだされぞ。上田のじれったい告白未遂シーンとやむ落ちでみんな上山萌えの沼にはまろう(まがお 見直してみて思ったけど、このころの上田と言うか阿部さんの髪がベストだなー。

  • バンサンケツマ!

    全体的に、ちょっと薄い、感じがします。なんとなく。

  • 自称霊能力者が、互いに呪いをかけあって、殺し合いをする。

    過去の作品の小ネタ、パロディネタが満載。ただ、本よりは映像の方がいいかも…

    (2012/1/9)

  • ドラマみたことないけどわかりやすいストーリー
    結果はいい意味で裏ぎられてよかった。
    ただ少し疑問が残る

全4件中 1 - 4件を表示

劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル (角川文庫)のその他の作品

蒔田光治の作品

ツイートする