見えなくても…私 盲導犬とともに歩んで (角川文庫)

著者 : 郡司ななえ
制作 : きたやま ようこ 
  • 角川書店 (2005年6月25日発売)
3.50
  • (1)
  • (5)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :38
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (334ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043642038

見えなくても…私 盲導犬とともに歩んで (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 郡司ななえさんの自伝エッセイ。
    盲目となってからの出会いと別れ。
    本当に大切なものは何か切々と感じさせる一冊です。

  • これは、郡司さんの自伝的な感じです。
    「ベルにのしっぽ」「ガーランドの涙」「そしてベルナは星になった」は、
    盲導犬を中心に日々の生活や、気持ちを書かれていたんですが、
    これは、郡司さんが失明に至る病を得た所から、書かれていて、
    お母さんや、旦那さん、息子さん、勿論パートナーとなった犬たちを含め、
    色なん人たちとの、関わりや気持ちなどを書かれています。
    やっばり、読みやすいし、色々興味深かったですね。

  • 高校3年生の時にベーチェット病を発病し、27歳に
    失明宣告を受ける。深い絶望から盲導犬との出会いに著者、郡司さんは、、。
    ベルナのしっぽの郡司さんが失明してからの半生を力強く綴る。

    ベルナのしっぽ ガーランドのなみだ そしてベルナは、星になった
    と3作全て読んでいるのですが、やっぱり心が温かくなります。

全3件中 1 - 3件を表示

見えなくても…私 盲導犬とともに歩んで (角川文庫)のその他の作品

郡司ななえの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
あさの あつこ
夏川 草介
伊坂 幸太郎
夏川 草介
夏川 草介
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

見えなくても…私 盲導犬とともに歩んで (角川文庫)はこんな本です

ツイートする