みぞれ (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA/角川書店
3.43
  • (78)
  • (234)
  • (392)
  • (49)
  • (7)
本棚登録 : 2160
レビュー : 242
  • Amazon.co.jp ・本 (419ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043646067

作品紹介・あらすじ

思春期の悩みを抱える十代。社会に出てはじめての挫折を味わう二十代。仕事や家族の悩みも複雑になってくる三十代。そして、生きる苦みを味わう四十代――。人生折々の機微を描いた短編小説集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み

  • なんてことない毎日の中に、良くも悪くもちょっとだけ特別な日ってたまに訪れますよね。
    そんな日のお話です。
    些細な心情描写に流石の一言。

  • この本は11編からなる短編集です。
    あとがきに「息をするように「お話」を書きたい」とかかれています。
    まさに そのような作品集でした。
    内容的には今まで読んだ作品に似ていたり、違う方向から語られたりですが、さすが重松氏と思わせる作品ばかりでした。
    特に表題にもなっている最後の「みぞれ」は心にズシッと響くものがありました。
    次も重松氏の本を読もうと思っています。

  • あぁ、重松さんらしいな…と思わされる短編集。

    高校生や元アイドル、夫婦、リストラ候補のサラリーマン…悲しい現実があっても、それを受け入れてやっていくほかない人々。希望を残して終わらせるのは重松さんの優しさだけど、リアルにはそれもなかったりするのかな。

    子供に恵まれない夫婦のお話が二篇あり、悪気の有無は別にしても彼らを傷つける無神経な人々の言動に本気で腹が立った。未婚の私ですら感じるのだから当事者なら尚更だろうな…

    卵子凍結保存とかしておくべきなのだろうか…。

  • 17/02/01 ⑨
    11の短編集。読んでて胸がきゅってなる切な悲しい話が多い。(とくに子供のいない夫婦の話とか読んでてつらい)
    一個目の「拝啓ノストラダムス様」がいい。というかこれだけがいい。

    ・おいこら、ノストラダムス。ほら吹きオヤジ。一九九九年七月に人類は滅亡しなかったけど、オレのすぐそばに、ひとりぼっちで滅亡したがってる奴がいるんだよ。どうすりゃいいんだよ。(P32 拝啓ノストラダムス様)

  • 久々の重松さん。リアルな4,50代の悲哀?のようなものを描きながら
    強く生きていくこと・・・がテーマかな。短編集です。
    年代としてはドストライクなんで読んでいてイタイものが多いんだけど
    自分たちの老い、将来、親の介護、これまでの人生の中で諦めてきたもの、、、
    つい目をそむけたくなるけど 見据えていかないといけないことなんだなあと思う。
    親の老いに戸惑いつつ穏やかに受け入れる、表題作『みぞれ』が良かったなあ。

  • 些細だけど、大事な日常。それが少し崩れるとき。いつかそんな日が、と不安に思っていた日は時折、本当にやってくる。全然、ドラマチックなんかじゃなく。ただ、自然に、当たり前のように、日常は崩れる。そんな微妙なバランスの上で成り立っている日常を生きている。後悔したって、もう崩れる前には戻れない。
    だけど、崩れたって案外なんとかなる。崩れたからこそ、そこから歩き出す一歩は強い。日常を壊すきっかけはそこら中に転がっていて、いつかその日が、と怯えながら暮らしているから、日常が崩れてしまったとき、諦めや後悔とともに少し安心するのかもしれない。それでまた、新しい日常に戻っていく。新しい日常を迎えられた人達はきっと強い。

  • つらくてしんどくてどうにもならなくて、けれどかすかに希望が見える、そんな短編ばかりが集まった作品。正直読んでてしんどかった。辛く苦しいのは現実の世界だけでじゅうぶんだ。そうおもった。

  • 短編集だからもう少し先も知りたいという気持ちが残ってしまうけど、その先を読者に任せてあるのも重松清さんらしくて。う〜んと考えさせられる日常にある出来事がさらっと書かれてある。言葉にしにくい感情が巧みに表されているので、読後にはいろんな思いが湧いてくる。人に寄り添って書かれてある優しい作品ばかりです。

  • 短編集
    拝啓ノストラダムス様:死ぬ理由も生きる理由も見つからない幼馴染の二人。  正義感モバイル:業界の雨傘班と呼ばれる弱小製作プロダクションでアルバイトをしている大学生。制作側から見た正義?悪?伝えたいこと?受け入れられ方?を悟っていく。 砲丸ママ:息子の作文課題は「両親の特技」ママの特技は砲丸投げw パパは・・・?!あわてて両親はパパの特技を探す。 電光セッカチ:パパの度が過ぎた合理主義に幼い息子の体に異変が出始める。我慢が出来なくなったママは息子を連れて家出をするが・・・。  遅霜おりた朝:元熱血教師だったタクシー運転手に乗せて欲しいと言ってきたのは、自分を捨てた母親が亡くなりその元へ行きたいという少女とその友人のやんちゃな少年。 生徒たちへの信頼感が失っていた運転手だったが同じ年頃の彼等を乗せて東京から長野まで深夜、タクシーを走らせる。 石の女:子供のいない夫婦がそうと言い出せず遊びに来た友人に一芝居うつはめに。「龍之介」は飼い犬の名なのに。 メグちゃん危機一髪:どちらかがリストラされてしまう同期2人。目黒川に現れたアザラシのメグちゃん騒動の中に思うものは。 へなちょこ立志篇:まけとし、と呼ばれる勝利、高校生。勝利になるべくホームレスに弟子入りする。 望郷波止場:色物扱いされる一発屋の歌手と彼女を今も昔も支える幼馴染のおやじ3人。夢と現実に苦しむ制作会社の若者2人は彼女に出演してもらえるべく奮闘。笑顔を届ける先は?
     ひとしずく:子供のいない夫婦の家に義弟とその子供たちがやってきた。2人の大切な妻の誕生日を、2人の思いを無遠慮に台無しにしていく義弟。彼等を追い返した後に残ったのは夫からのプレゼントのワインひとしずくだった。
    みぞれ:妹夫婦との同居を解消して田舎に戻ってしまった年老いた両親。息子は威厳のあったかつての父と同じ歳になり見えてきたものがあった。寂しさが心配が言いたい事をぶっきらぼうな言葉に代えてしまう。

    どこにでもある普通の家庭の、人の ちょっとした出来事から、 でも確実にそれまでとは違った、ほんの少し明るい方向への変化を心地よく穏やかに書いたお話たち。

     

  • 重松氏にしては、すこしだけ軽い読後感のする
    書き下ろし短編集。

    全部がもろ手のハッピーエンドというわけではないけれど、
    どこか重い情感を残す作品が多い重松氏の
    ほかの作品に比べると、
    さらりとしている…さらりとしすぎているかも。

全242件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1963年岡山県生まれ。早稲田大学教育学部卒業。出版社勤務を経て、執筆活動に入る。1999年『ナイフ』で坪田譲治文学賞、『エイジ』で山本周五郎賞、2001年『ビタミンF』で直木賞、2010年『十字架』で吉川英治文学賞、2014年に『ゼツメツ少年』で毎日出版文化賞をそれぞれ受賞。小説作品に『流星ワゴン』『愛妻日記』『カシオペアの丘で』『赤ヘル1975』など多数。

「2020年 『ルビィ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

重松清の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

みぞれ (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×