九十九怪談 第二夜 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.38
  • (3)
  • (9)
  • (18)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 118
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043653126

作品紹介・あらすじ

累計100万部を超え、実話怪談ブームを巻き起こした「新耳袋」。その後継シリーズとなる現代百物語の新スタンダード第2弾。背筋の凍りつく話、ちょっと不思議な話、泣ける話……怪はあなたの隣にひそんでいる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 一作目と同様で、一つ一つのエピソードが短くてあまり記憶に残らないのが勿体ない。もう少し文章に改善の余地があるように思う。ゾクッとくる話や、オチが消化不良でモヤモヤする話もある。99の話というより、無理やり99分割したような編集が前作同様気になる。全体的には面白いんだけど。

  • 木原さんの語る怪談が好きなので、不思議な話もゾワッとくる話も始終楽しめました。怪獣図鑑のエピソードとか素敵。しかし「新耳袋」から読んでる人なら注目すべきは「地下の箱」だと思うのです。これは謎ですね

  • 読んでると思ったらまだ読んでなかったので!
    近所に4,5夜が売っていなくて切ない><;
    2夜はちょっと怖さが少なかった気がします

  • 特にない。読んで終わり。なんで購入したかな?夏だったから?

  • 薄味。

  • Iさんが中学2年の時に引っ越した2階建ての木造一軒家。その家を前にすると、なぜか厭な気持になったという。上り下りするたびに段の数が変わる階段、そして階段下の物置でIさんが見たおぞましいもの。さらにある晩トイレに立とうとすると、不可思議で恐ろしい現象が起こった・・・。怪談ブームの火付け役となった「新耳袋」の木原浩勝が贈る、現代百物語の新スタンダード第2弾!怪はあなたの隣にひそんでいる。(紹介文参照)
    ----------------------------------
    ただ読んで怖いと感じる物語よりも、自分でその意味を考える時に本当の怖さが訪れてくる様な本。読みようによっては、これは怪異ではなくこういうことなのでは?と科学的に証明したくなるような物語もあるけれど、でもそういう穿った見方ではなく、想像力を膨らますとゾクゾクします。
    真夜中に自分の部屋でひっそりと読めばなお、効果が得られると思いますよー笑

  • 新耳袋のほうが好きだけど、つい一気に読んじゃって夜中に後悔するのは一緒
    しかしストラップもらえなかった(T ^ T)

  • さらっとしているようで奥がある。
    読みやすいから好き。
    早く3以降も文庫化してほしい・・・。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

きはら・ひろかつ 1960年生まれ。主な著作に「新耳袋」「隣之怪」「九十九怪談」の各シリーズがある。マンガ・ドラマCDの原作の他、出版、ゲーム、公式携帯サイト「怪談百物語新耳袋」等のプロデュースを手掛ける。

「2019年 『九十九怪談 第十夜』 で使われていた紹介文から引用しています。」

木原浩勝の作品

ツイートする
×