添乗員狂騒曲 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
2.88
  • (0)
  • (3)
  • (10)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 36
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (308ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043654031

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 添乗員がツアーで巡り合う人と騒動あれこれ。やっかいなツアーに当たる著者のトラブル対処が面白い。あとがき「ツアーは人間ドラマの宝庫」とありましたが、お客、旅行会社、現地ガイドなど、トラブルも全部含めて十人十色の出会いたちです。

  • 添乗員シリーズ第3弾

    派遣元が潰れてしまい、本当のフリーになってしまった、作者。それでも今までの実績で、様々な問題のある方達ばかりを依頼されてしまうwww
    要人が泊まるのでという理由でホテル宿泊をキャンセルされたり、テロが勃発したエジプトでは警護されながら観光したり、ワガママな客と困ったガイドと一緒に面白い珍道中!

  • 笑って泣ける、添乗員の奮闘記。おもしろい。
    そしてこれを読んで「ピンチはチャンスだ」という言葉を思い出した。
    最後にある親子の話はとても感動した。

  • フリーの添乗員として、中国、バルト三国、ロシア、エジプトなどを女子高生や、大物代議士の息子や、ひきこもりの少年を抱えた崩壊寸前の家族等と移動する。旅だから何でもありそうな気もするし、でも本当か?なんて人生のドラマが展開する。っーか、展開しすぎ。ひとりで旅するのは、この上なく楽しいのだが、愉快な添乗員と、ただ旅をするためだけに集まった旅行者と、人生のほんのちょっとの時間と空気を共有するのも面白いのかな-と思うのであった。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1962年、愛知県生まれ。文化学院中退後、世界各国を巡る。30歳で帰国し、海外専門のフリー添乗員として活躍。その後、自身の経験を活かして小説や新書を発表、『添乗員騒動記』シリーズ(旅行人、KADOKAWA)がベストセラーとなる。『日本の食欲、世界で第何位?』(新潮新書)、『裏原宿署特命捜査室さくらポリス』(祥伝社)、『サバーイ・サバーイ 小説 在チェンマイ日本国総領事館』(講談社)など著書多数。

「2021年 『食べるぞ!世界の地元メシ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岡崎大五の作品

ツイートする
×