戦国秘譚 神々に告ぐ(上) (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.68
  • (6)
  • (13)
  • (13)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 97
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (312ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043659012

作品紹介・あらすじ

戦国の世、衰微著しい京都朝廷で後奈良天皇が崩御し、後事を託された時の関白・近衛前嗣は朝権回復のために奔走を始める。室町幕府再建が不可欠と、将軍・足利義輝と連携する前嗣の前に、松永久秀が立ちふさがる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 足利義輝、三好長慶の話はあまり知らなかったので面白かった。飯盛山に登ったとき、三好長慶を大河にというポスターがあったことを思い出した。

  • 「神々に告ぐ(上)」(安倍龍太郎)を読んだ。
    『近衛前嗣』がいかなる人物なのか全くの白紙状態のまま読み始めたのだけれど、これはまたなんとも興味深い公家さんだ。戦国の世をどう生きていくのかこの先が楽しみ。
    なお、前嗣の前に立ちはだかる『松永久秀』は私の妻がご贔屓の武将なのである。

  • 戦国時代の知識が乏しい自分にとって近衛前嗣という人物も初見に等しいのですが、なかなか面白い作品でした。
    それにしても、こんなに将軍が軽視された時代があったとは驚きです。

  • 剣豪将軍・足利義輝と三好長慶、松永久秀との争い。
    織田信長が桶狭間の戦いで今川義元を討つ以前の話だが、
    政の中心地である京の都ではどのような権力闘争があったのか、
    そのような視点から物語る作品はなかったように思う。

    主人公は近衛前久、本作では前嗣であるが、朝廷を軸として、
    戦国時代のみならず、日本を通時的に読み解くうえで、
    たいへん勉強になるものだった。目から鱗が落ちるとはまさにこのことだ。

  • 本書は、「信長燃ゆ」の前編にあたる作品。主人公は、「信長燃ゆ」でも朝廷の黒幕として打倒信長に奔走した近衛前嗣(後の前久)。
    衰微激しい朝廷を、幕府と一体となって復興せしめようと目論む前嗣の、政敵との激しい権力闘争。三好長慶及びその家令、松長弾正に都を追われ堅田に逼塞している盟友、足利義輝。前編は前嗣の画策により将軍義輝が挙兵するまで。物語に妙味を加えているのは、祥子内親王とのただならぬ関係。前の帝、後奈良天皇より婚儀を禁じられ、その交わりが前嗣に相手の心を読む能力をもたらす。

  • 本作の主人公としての近衛前嗣…面白い!!朝廷をリードする近衛家の後継者で、若くして関白に任じられた貴公子であるが、朝廷や幕府の明日を考えて「自ら動く」人物である。能書家で笛の演奏が得意で、学識が在る他方で、縁が在る薩摩の島津家から献上された短筒を愛用する射撃の名手でもあり、鷹狩りや乗馬も得意だ…こんな近衛前嗣が、躍動する物語である…

  • 近衛前嗣と祥子とのすれ違いの愛を描いている 三好長慶と将軍家の戦いはある意味滑稽 

  • 織田信長が台頭する前の京都。関白・近衛前嗣と将軍・足利義輝は兄弟同然に育った従兄弟。前嗣のライバル西園寺公朝、後奈良帝の祥子内親王(前嗣の恋人)、跋扈する三好長慶・松永弾正らの脇役を配し、これまた妖怪の世界が出てくる伝奇小説。やや冗長でした。

  • 戦国時代に朝廷を守ろうと奮闘した左大臣・近衛前嗣についてのお話で、「信長燃ゆ」「関ヶ原連判状」と続く、戦国三部作の第1弾となっております。

    幕府と朝廷の権威を守ろうと頑張る中、既成の世の中を壊して新しい世の中にしようとしていた松永久秀との知恵比べがなかなか面白いです。

    ただ、本のタイトルにもありますが、当時の朝廷では「神」ということに関わり深く、お祈りや縁起、呪いなども登場し、朝廷のしきたりもいっぱい出てきますので、分からないことが多く、読むのは結構大変でした。

    ↓ ブログにも書いています。
    http://fuji2000.cocolog-nifty.com/blog/2008/02/post_bdee.html

  • 近衛前久の若き日々の姿を描く。
    従兄弟であり13代将軍足利義輝と共に公武一体での国の建て直し目論む前嗣(前久の若き日の名)
    朝廷の仕来たりや歴史、宗教、あらゆる知識を網羅していないと書けない作品だと思った。

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

作家

「2021年 『特攻隊員と大刀洗飛行場 四人の証言』 で使われていた紹介文から引用しています。」

安部龍太郎の作品

戦国秘譚 神々に告ぐ(上) (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×