ベトナム怪人紀行 (角川文庫)

著者 :
制作 : 西原 理恵子  鴨志田 穣 
  • 角川書店
3.43
  • (17)
  • (14)
  • (74)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 205
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (351ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043662029

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ベトナム

  • 長い休みをもらって、こんな旅行をしてみたい。

  • 外で読むとニヤニヤした怪しい人に見られるのでやめた方がいいくらい笑えます

  • 旅がしたい。特に東南アジアへ。

    私のような歴史の知識がない人でも戦争の歴史に触れた感じだけする。
    よくわからないけど、この人の顔が好きだ。

  • ベトナム戦争が西東京エリアの暴走族の勢力図で示されててとてもわかりやすかった(笑)
    でもベトナム・・・行く気がちょっと失せた。

  • 100625(n 100809)
    100817(a 100822)
    101120(s)

  • ゲッツ板谷と鴨志田穣の旅行エッセイ。
    「旅行エッセイ」と書くと、おいしいものを食べて、古きよき建造物を鑑賞。
    その土地の歴史を肌で感じ、優雅なだけじゃなく人間の本質が云々かんぬん。。。

    これ、そんなエッセイじゃ全然ないからね!
    ベトナムという名の怪人に勝負を挑んで、ドンドンドーーン!ってされるお話。
    やっぱりすごいんだね、ベトナムって。という感想しかはじき出されなかったぐらい。


    個人的には、タイのやつのが面白かったかなぁという気がするので★3つ。
    でももうだいぶ前に読んだから、あんまり覚えていないという・・・
    タイ・インド含めて、もう一度順番に読んでみたいなぁと思います。

  • なっていったて
    西原と鴨ちゃんが出でいるだけで読む価値あり
    でも、ゲッツはおまけだ

  • 本当にベトナムには怪人がいっぱいいた。みんな生きるのに必死だよな。それにしてもベトナム楽しかった。また行きたいね。

  • 手乗り鹿と鈴木くんが気になる本です
    壊れぷりは変わらず、面白いです

全15件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1964年東京生まれ。フリーライターとして活躍。2006年に脳内出血で倒れるも無事生還。著書に『タイ怪人紀行』『板谷バカ三代』『わらしべ偉人伝』など多数。

「2018年 『とことん板谷バカ三代 オフクロが遺した日記篇』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ベトナム怪人紀行 (角川文庫)のその他の作品

ベトナム怪人紀行 単行本 ベトナム怪人紀行 ゲッツ板谷
ベトナム怪人紀行 (角川文庫) Kindle版 ベトナム怪人紀行 (角川文庫) ゲッツ板谷

ゲッツ板谷の作品

ツイートする