韓非子 ビギナーズ・クラシックス 中国の古典 (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス 中国の古典)

著者 :
  • 角川書店
3.53
  • (5)
  • (19)
  • (25)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 207
レビュー : 21
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043675050

作品紹介・あらすじ

韓非子は、法による厳格な支配を主張する法家思想の大成者。秦の始皇帝に「この作品の作者に会えれば死んでもよい」とまで言わせた思想は、現代にも通じる冷静ですぐれた政治思想である。「矛盾」「守株」など、鋭い人間観察によるエピソードとともに分かりやすく語られる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 法家思想。
    法術の士。
    臣下の罪を罰しないのは、君主の罪。
    刑と徳を合わせて失えば、国は亡びる。
    凡人である君主は、法と術をもって国を治める必要がある。
    歴代の君主で病死した者は全体の半数以下、あとはすべて暗殺されている。
    人口論と同じ事態が、春秋時代の中国にはあった。

    欲望は富とともに大きくなる。(ベンサム)
    欲望が力による闘争を生む。それに対抗するには君主の力による支配が必要。道徳では足らない。しかし法と術による支配は、戦乱がなくなり犯罪もなくなる、はず。

  • 非常にわかりやすく、とっかかりとしては最適。既にある程度の知識がある人が読むには物足りないかもしれないが、私のように凡人程度の知識レベルならば、変に気合入れて岩波とかちくま学芸文庫とかに手を出すより、まず本書をインプットしてからの方が理解が深まりそう。「わかりやすい=低レベル」という感じではなく、理解させるための配慮が行き届いていると感じた。結局理想のリーダー像、トップのあるべき姿の実現って永遠の課題なのかな。周囲の思う理想をわかっていても、実際トップに立った時に実現出来るかはまた別の問題。

  • 概要がざっくり分かる。

  • 「 韓非子 」

    君主と臣下の心得術の本。人間は利で動くとする人間観

    「君主の弊害は 人を信頼することにある」

    「君主が法を整備し賞罰を握り術を巡らすことによって権勢を維持できれば 世の中は治る」

  • 誰もが知る「矛盾」、「守株」、「逆鱗に触れる」。
    それはいずれも、韓非子による。

    韓非の生涯と、思想について、コンパクトにまとめた本。
    儒者と異なり、理念ではなく「利」に基づく人間観を持っている。
    つまり、人間は本来善でも悪でもなく、その場の利益に基づいて動くものだ、ということ。
    それゆえに、君主は、法と術にのっとって臣下をコントロールしなければならなく、臣下や家族に気を許してはいけない。
    臣下は君主の利害関心がどこにあるかを冷静に見極めて、何を伝え、どう接するかを考えねばならない。
    寵臣の中へ入り、まず喜ばれない立場にいるにもかかわらず、君主に自説を聞き入れさせるのは難しい。
    こういった場合の状況分析と対処を論じていく。
    冷徹に分析したはずの韓非自身が、結局、始皇帝の威を借りた李斯に服毒自殺に追いやられていく。
    法術の士の行く道が、険しく孤独であるとわかる。

    韓非の考え方は、切れ味鋭く、何というか、振り切れてしまっている。
    だから、ある意味では理解しやすいのかもしれないが、何かやりきれない気分になる。

  • ごめんなさい、今までナメてました。これからの自分に必要なのは韓非子と荀子の思想でした。改めてきちんと全編読みます。

  • 中国のマキャベリとも言われる韓非子
    戦国時代の思想だけに、厳格な法治と冷徹な権謀術数による君主権力の強化こそが民を混乱した世の中から救い出し、儒家のいう「仁」にも叶うのだという。現代の感覚からするとやや姑息なニュアンスが強い内容になっているが、こういう時代背景では仕方ないのかもしれない

    君主は「術」すなわり、臣下を操るため密かに用いる技術(他人に悟られてはいけない)と「法」として公開した上で厳しく思考する制度の二つを運用すべし。戦争に勝った時、君主でなく臣下が尊敬され、勝ち取った領土が臣下個人の領地になってしまうのは、君主に臣下の悪事を知るための術がないからだ。いくら法を整備しても臣下たちはそれを自分の利益のために用いる。刑罰と恩賞を君主自身の判断で実施することで臣下を意のままに操ることができ、君主が権力を我が手に握るための方法でもある。

    術の秘訣は利と威にある。人の欲望を操る餌である恩賞が利である。そして人の恐怖心を煽り君主の威厳を示す手段である刑罰を威とよんだ。
    色々な君主の術を七術として分類しており
    1.いろいろな人の言行を照らし合わせてみる
    2.必罰をもって威厳を明らかにする
    3.信賞をもって能力を尽くさせる
    4.いちいち臣下の言を聴き、その結果が言に一致することを求める
    5.故意に疑わしい命令を出したり、逆の命令を出して臣下を惑わせる
    6.知っていることを知らないふりをして臣下に尋ねてみる
    7.褒めるべきものを反対に謗ったり、憎む相手を可愛がったりする

  • 978-4-04-367505-0 249p 2008・10・20 5版

  • 末世の低級な王の無理解や家臣の専横を批判することの危険を膚に感じながら、己の主張を展開した韓非の姿や思想を、原典に触れつつわかりやすく描いている。法家思想といえば、一般の人々を法に厳しく従わせるようなイメージが強いが、実はその厳しさの矛先は、まずは君主に近い家臣たちが君主の権力を私物化しようとすることに向けられていたという。そしてまた法治主義は、聖人でない普通の君主が普通の人々をうまく治めるにはどうしたらよいか、という現実的な問いに答えるものとして説かれているという。人間の性質を善悪でなく功利でとらえる立場に立つ韓非子の思想は、思っていたより単純ではなかった。

  • なんという人間不信、なんという冷徹さ。「矛盾」も「守株」もここまで重い話だったとは。
    善悪に意味は無くただ「利」を説く姿勢はとても2200年前の古典には見えない。ただ、「大体篇」に読み取れる黄老思想は、血みどろの現実に疲れた韓非が見た一縷の理想だったのかと思うと、「100分de名著」老子の回でのドリアン助川氏よろしく、つい韓非の肩をたたいて「あんたも大変だったんだね。まあ、一杯どうだい」と声を掛けたくなる。
    今回はダイジェスト版だったので、次は岩波文庫で全巻読みたい。

全21件中 1 - 10件を表示

西川靖二の作品

韓非子 ビギナーズ・クラシックス 中国の古典 (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス 中国の古典)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×