ただのいぬ。 (角川文庫)

著者 : 小山奈々子
制作 : 服部 貴康 
  • 角川書店 (2006年8月25日発売)
3.74
  • (6)
  • (5)
  • (12)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :42
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (125ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043684021

ただのいぬ。 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「あとがきのようなもの」を読んで、漸くこの本の趣旨を理解することができました。
    「ただのいぬ。」というタイトルも、悲しいながら納得できました。

  • 迷っていたり、捨てられたりした犬たちが、なぜ愛護センターという施設にいるのかと、呟くように添えられた詩が何とも言えない気持ちになります(:_;)

  • これが、日本におけるペットたちの裏の姿です。しかし、悲しい本ではありません。
    譲渡犬として新しい飼い主を待っている犬たちの写真集です。

    あなたも犬の気持ちに耳を傾けてみませんか?
    せっかく生まれてきた命。その命の重みは私たちとなんら差のない命です。その命を大事に。
    この子達に明るい未来が来ますように。

  • 涙がとまらない

全5件中 1 - 5件を表示

ただのいぬ。 (角川文庫)のその他の作品

ただのいぬ。 (角川文庫) Kindle版 ただのいぬ。 (角川文庫) 小山奈々子

小山奈々子の作品

ただのいぬ。 (角川文庫)はこんな本です

ツイートする