離愁 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.41
  • (2)
  • (12)
  • (22)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 72
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (356ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043690039

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読んだきっかけ:100円買い。

    かかった時間:3/16-3/18(3日くらい)

    感想: 多島斗志之、2冊目。「症例A」が面白かったので買ってみた。内容は、家族の絆、人の気持ちの理解とか、そんなものか。
    地味だけど、するする読めます。
    舞台は戦後だけど、戦前、戦中を通してのエピソードを辿る物語です。最後は急ぎすぎてる印象。上下2冊くらいにして丁寧に堅ってもいいかも。

  • 物語の大部分が手紙であったり、回想であるため、淡々と進んでいく。
    が、淡々とした中にも深い感情が見え、またその時代背景も詳しく描かれており、他にはない良作だと思う。

  • 静かな語り口。丁寧につづられていくエピソード。ゆっくりと流れていく時間。多島氏の作品を読むといつも同じ感覚を味わう。
    共産主義運動やゾルゲ事件など、そのあたりの歴史的な背景には全く疎い私だったが、それをモチーフに紡ぎだされた本作は、派手さはないが、読み終えてじわじわと何かが胸に広がる、余韻に思い切り浸れる秀作だった。

  • 【失踪中の多島斗志之さんの息子さんが情報提供を呼びかけ中】
    身長170cm位痩せ身、
    ぐるりとツバのあるサファリ帽・眼鏡着用の可能性高、
    黒髪、ヒゲ(あご髭は白)
    目撃情報などは息子さん(Twitterで @suzilard 宛 or ブログ<http://ameblo.jp/suzilard/>)か、伏見警察署 生活安全課  0756020110 へ

  • 後からじわじわ考えさせられる本。

  • すべてが済んでしまった後に過去を紐解いていく…、という設定に、蓮見圭一氏の「水曜の朝、午前三時」を思い出した。

    カヴァーに書いてあった“渾身の純愛小説”というキャッチを見た時は少し気持ちが萎えて読むのをやめようかとも一瞬思ったが、そこは多島斗志之氏のこと、上手くミステリー風の味付けを採り入れて飽きさせない作りになっている。
    文章も無駄なくきれいなので読みやすい。

  • 甥っ子が不可思議な叔母の一生を解き明かしていく物語。
    ちょっと意外なところにつながりました。

  • 淡々と、嘘っぽいオーバーな感情表現がないのがよかったです。

  • 幼い頃にドイツ語を教えてくれた叔母。その生涯を、思いがけぬ形で辿ることになった主人公が行き着く先にある真実とは。
    戦中、戦後の動乱、その時代を逞しく生き抜いた人々。人の人生はそれだけで物語であると認識させられ、真実を知ることの重みを実感する。

  • 一些的离愁、一些的纯的爱、一些的欲、一些的仁与少量的好奇心。

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1948年生まれ。広告ディレクターを経て、1985年『〈移情閣〉ゲーム』でデビュー。おもな著書に『症例A』『離愁』など。丹念な取材と計算しつくした文章で、一作ごとにまったく異なる世界を緻密に描きだし、本読みを中心に高い支持を得る

「2016年 『感傷コンパス』 で使われていた紹介文から引用しています。」

離愁 (角川文庫)のその他の作品

離愁 (角川文庫) Kindle版 離愁 (角川文庫) 多島斗志之

多島斗志之の作品

ツイートする