色闇 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.38
  • (6)
  • (8)
  • (29)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 99
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043702022

作品紹介・あらすじ

江戸時代。蠱惑的な美貌を持つ色若衆、月弥は闇の司法官とも言われる牙神にとらわれ、密偵となることを強要される。心よりも先に身体を支配されてしまった月弥だったが――。短編「狗」を収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 前に読んだのよりはシナリオがしっかりしてる感じ。相変わらずこの人のはエロい、エロすぎる……っ!

  • これより前に読んだ平安時代の話の方が好みだったかな~と思います。江戸捕り物帖です。ルビー文庫?

  • 音弥がかわいい

    表現がすげぇエロイ(笑)

  • 「逢えない時間が愛を育てる」ってやつですね。
    狼と狗との駆け引きの軍配は今のところは牙神に上がっているようだけれど、
    月弥が一矢報いるのもそう遠くはない気がする。

  • なかなかトーマス好みのお話しです。水上有理さんの挿絵がまたよい・・・

  • なんでそんな唐突にラブラブになるんだい!?君ら、そんなに仲良くなかったよね??って、つっこまずにはいられない…。まぁ、ハッピーエンドでよかったけど…。

  • sweetな(笑)時代小説。でもマジに山藍作品の中でも傑作に入るのでは…。江戸?の風俗描写などはすばらしく、山藍さんの造詣の深さというか、興味の間口の幅広さにうなります。お話はスタンダードな(どこがじゃ☆)隠密捕り物で、意外と明るいというか陽性です。水戸黄門の後ドラマ化して欲しいくらいです。エロエロ捕物帳ですけどね!

  • いやもうホントにただのやおいです。全編エロまみれっつーか、辟易。好きな人は好きだと思う。本当にこれは角川文庫でいいのか?

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1992年のデビュー以来、耽美小説の女王として君臨し、絶大な人気を誇る。著書に『花夜叉』『色闇』『アレキサンドライト』『王朝恋闇秘譚』(以上角川文庫)、『江戸繚乱』(白泉社花丸文庫)など多数。

「2011年 『堕天使の島』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山藍紫姫子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
山藍 紫姫子
山藍 紫姫子
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×