ヴァージン・ブルー (角川ホラー文庫)

著者 :
  • 角川グループパブリッシング
1.71
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (3)
本棚登録 : 16
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (277ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043703043

作品紹介・あらすじ

ビジネスホテルの一室で発見された女性の不審遺体には、暴行の痕跡と裏腹に男の存在を示唆するものが何一つなかった。類似する連続事件を追う麦田深砂巡査は、内偵を続けていた男・鹿玻、大学院生の華弥と真由美、不審死した女たちを結ぶ青衣のマリア像の存在に行き当たる。元暴力団員で牧師の桟橋が示唆したある恐るべき可能性とは?女性の秘めた欲望が解き放たれるとき、次なる恐怖が襲う!新感覚エロティックホラー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • イマイチ。

    過去ログ。

  • チャンスをものにする、というのは難しいこと。だからといってこんなものの力を借りるというのは……さすがにそこまでは思わないなあ。にしてもずいぶんと思い切った題材ですねこれは……ちょっとびっくり。
    でも真に怖いのは欲望まみれの人間なんですね。真由美はあまりに怖すぎました(どちらかといえば変貌前のほうが、ですが)。だけどそれと同じくらいに哀しいかも。「外見が変わったわけじゃないのに美しくなった」というのは、自信のなせるわざだと思うんだよね。きっと彼女もまっとうな方向でもう少し自信を持てていたら、あんなものすごい人物にはならなかったのかも。

全5件中 1 - 5件を表示

ヴァージン・ブルー (角川ホラー文庫)のその他の作品

桐生祐狩の作品

ツイートする