眩暈を愛して夢を見よ (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.08
  • (6)
  • (12)
  • (19)
  • (10)
  • (5)
本棚登録 : 130
レビュー : 22
  • Amazon.co.jp ・本 (532ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043706044

作品紹介・あらすじ

大学卒業後、AV制作会社に就職した須山隆治は、撮影現場で高校時代の憧れの先輩・柏木美南と再会してしまう。その後、会社が倒産し、アルバイトをして日々を送る須山だったが、美南が失踪したと聞き、彼女の行方を追い始める。調査が進むにつれ明らかになる美南の悲惨な過去。同時に彼女の過去に関わる人物が次々と殺されていく。やがて事件は一応の解決を見せるが…。横溝賞受賞作家が放つ驚天動地の大傑作ミステリ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 平成の奇書。第一部までは先の展開を予想できるくらいには解りやすいのだがそれ以降は最後の1ページまでまさしく眩暈のするような展開と構造。『ドグラ・マグラ』のような夢現の混乱、『虚無への供物』のような現実とフィクションのメタ的接続、『匣の中の失楽』のような構造的幻惑、『夏と冬の奏鳴曲』のような唐突な収束。作中にも出て来るが『ブラッド・ミュージック』を思わせる「侵食」は優美さと同時に頭痛をもたらす。周到で意図的なサンプリングが逆に個性になっており、終始計算された歪みと狂気の演出になっている。衝撃の快作ミステリ。

  • 『匣の中の失落』のような酩酊感、まさかの某有名作のアレが飛び出したり、後半パートでは脳がぐちゃぐちゃになりながらも、美しいロジックを見せられたような錯覚が… 答えがあるのだとしたら、辿りついている自信はないのだが 。なんだ奇書か。AV業界出てくるし万人に薦めにくいぞこれ笑

    作中作の強烈な批評には頭を抱えてしまうし、メタミステリ的な構造にもハテナだし、エピローグの頃には気持ち悪くなっています。ただなんだこの解放感と清々しさは…

    傑作といっていいと思います。
    私が勝手に決めつけていた奇書に求める定義が、大きく覆された作品。
    「偶然」や「読者に委ねる」とはまた違う角度から鬼畜に切り込んでくる作者にやられた。

    オススメマラソンその⑪
    らきさんから紹介してもらいました。

  • タイトル&帯買いしました。
    「めくるめく混沌と驚愕の真相」
    驚愕もの好きな私はつい買ってしまったですよ。
    めくるめく混沌・・というか・・・
    めくってもめくっても混沌・・
    「意味がわからん!!」というのが私の驚愕の真相でした。
    しかも解説ついてないし・・・
    どなたも解説できなかった・・・とか?

    誰か私にわかりやすく解説してほしい・・

  • 希書って言うから期待していたんですけれどもねぇ…まあ、確かに希書と言えなくもないですが…物語が破綻しているとしか思えないんですねぇ…社畜死ね!!

    ヽ(・ω・)/ズコー

    書いている間に色々と収拾がつかなくなったんじゃないですかね…前半はうだつの上がらない若者の青春ミステリ、みたいな感じで好きだったんですけれども、後半に行くに従って意味不明な展開に…ラストもよく分からん、奇想?的な終わり方したしまあ、駄作(!)ですわね…社畜死ね!!

    ヽ(・ω・)/ズコー

    でも、著者の今の世の中に対する感情というか、感覚と言うか…今の世の中をどう感じているか、といった主張が垣間見えたのは良かったですね…。

    そうですよねぇ…今の世の中をリアルに、現実味のあるものとして感じられている幸せな連中は果たして何人いるのか…そう思いますよねぇ!

    まあ、この本が出たのは2001年くらいなので結構な昔なんですけれどもね…そうした世の中に対する非・現実感みたいなものは現代にも共通しているものと思いましたね…さようなら…。

    ヽ(・ω・)/ズコー

  • かなり読み応えあり。
    横溝正史賞受賞作も是非読んでみたい。

  • いったいこれはどんな物語なんだろう。
    読み終わった今でもよくわからない。
    不思議な世界を旅してきたような、ある種異様な思いだけが残る。
    ひとつの解決を見たと思えば次の章で否定される。
    それでは新しい解決が正解かと思えば、すぐにまた否定される。
    物語の構成は複雑で、最期まで読者は気を抜くことが出来ない。
    この物語を理解しきれる読者がどれほどいるだろう。
    少なくとも私には無理だった。
    幻想世界と現実・・・入り組み混沌とした中で、何が現実で何が幻想なのか。
    真実はどこにあったのか。
    この物語、映像化はできないだろうな。
    同じ人物でも登場する場面によって全然キャラクターが違う。
    祭壇が見える・・・という場面は、読んでいて本当に怖かった。
    その時点ではそれが真実に思えたので。
    人の心はけっして単純ではない。
    最期まで姿を現さなかった美南は、結局どうなったのだろう。
    事件は本当に起きていたのか?
    あらゆる登場人物は、みな現実の世界ではどうだったのか?
    怖いくらいの薄気味悪さが残った。
    まるで物語自体が平衡感覚を失ったまま彷徨っているような、そんな物語だった。

  • 何年か前に読んでいたのに、再読し始めても全くストーリーを覚えていなかった。
    この作者好きなのにおかしーなーと思ったものの、確かにこりゃストーリーを理解できていなかったから覚えてないのも無理ないわ。
    面白いんですけどね。

  • 再読。

  • これは確かに難解でどこかスッキリしない読後感が
    漂う、まさに眩暈のする作品でした。
    特に後半の展開が読み辛くて・・・・・。

    高尚なミステリなんでしょうが、自分には合わず。
    残念。

全22件中 1 - 10件を表示

小川勝己の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

眩暈を愛して夢を見よ (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×