疲れすぎて眠れぬ夜のために (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.79
  • (167)
  • (249)
  • (218)
  • (24)
  • (13)
本棚登録 : 2075
レビュー : 247
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043707034

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • うちださん、優しい。
    さっきのナシね。って言える人間、認められる社会。いいですね。

  • 内田樹"疲れすぎて眠れぬ夜のために"を読む。

    哲学者の内田センセが労働、身体感覚、家族などについてつらつら語ったもの。

    枯れた、淡々とした、仙人の雰囲気があります。根性論を超えて。

    ○所有しないのが好きなんです。こういうことを言うと、悟り澄ました人間みたいですが、でも、物欲を満たそうと思っていると、もう切りがないでしょう。ひたすら不充足感が募ってゆくばかりで。これ、つらいです。欲望の充足ラインを低めに設定しておけば、すぐに「ああ、なんという幸せ」という気分になれるでしょう。

    ○精神的にも体力的にも、使える資源には限界というものがあります。目標を適度に設定し、資源を分配する先に優先順位をつけないと、人間は壊れます。人間て、わりと簡単に壊れます。

    ○でも、「不愉快な人間関係に耐える」耐性というのは、ぼくに言わせれば、むしろ有害であり、命を縮める方向にしか作用しません。対人関係で神経を逆撫でするような人間に対して、なぜそこから逃げ出さずに、妙に踏ん張ったりするのか。その理由を考えてみましょう。

  • 無理はよくない、我慢しなくてもいいんだよ、って繰り返し言ってくれてる本。自然体、あるがままに暮らしていけたらどんなにかいいだろうか。

  • 「今最も信頼できる哲学者が、日本人の身体文化の原点に立ち帰って提案する、最強の幸福論」とアマゾンで読んで期待して読んだのにガッカリだった。ひたすらガッカリしながら読んだ。

    男性は自分より上のサクセスモデルに対して嫉妬しない(女性は嫉妬する)とか、女性の管理職は賄賂に対して無防備、とか書かれてる訳なんですが、何の根拠若しくは統計データに基づいて書いてるのかサッパリ解らない。もしこれが「僕の周りではこう言ってるもん」レベルの話であるなら、チラシの裏とかに書いて欲しい。しかも、ハンカチ落としで鬼の邪念を感じるとか書かれた日には、もう苦笑いですよ。はい。
    本書の大筋は「無理しない!」「駄目でもいいじゃない、人間だもの」な感じですが、如何せん、著者の主観が多すぎて信者の人以外には「・・・・?」な印象が強いです。


    ただ一つ、筆者が木村拓哉さんの演じた忠臣蔵のタメ口の堀部安兵衛には違和感を感じたという所だけは私もすごく同意しました。この点だけは「本当にそうだよね〜」と思ったので☆2つ。

  • おそらくタイトルは日頃社会に「凝り」や「力み」を感じた
    作者がつけたのだろう。
    ただ、ワンランク下を目指そうたいにいきなり書かれるが、
    この作者は「礼儀作法」や「型」を重んじる傾向で主張している。

    現代の働き方、アイデンティティや自由を持て囃す風潮に
    懐疑的なのも「無理」を感じるからだ。

    気を引いたのは家族の基本形は核家族ではなく、
    レヴィストロースのおじさんおばさんを入れた四項関係だというところ。

    あとは資本主義が発達して大量生産が実現したら、
    「生き方の単線化」がはじまったということ。
    自由を許しすぎると人は価値基準が無くなって、
    横並びで小さな差異ばかりに気を取られて同じになってしまうらしい。
    「差異性」に関しては、個人的には、無理しない範囲で、
    割と自然に楽しんでいる人が多い気もする。

  • 日ごろ漠然と感じていたこと懸念していたこと。でもうまく整理できずにいた考えを内田センセはきちんと分かりやすく説明してくれちゃうんだからな。じっくり噛み砕いて自分の道しるべとしよう。

  • 前半はまだしも後半はタイトルにそぐわないような……
    タイトル通りの内容に期待するのではなく、
    こういうタイトルのエッセイ集だと思えばまだまし?
    私はちょっと共感できなかったです。
    おじいちゃんが「昔の制度はよかった」って言っているのと同じ感覚。

  • 「交換」の話が大好きで、よく人にします。この本の受け売りです。お金は退蔵するものではなく、使うもの、交換によって財貨やサービスが回り楽しい、だからどんどん交換する。それは会話と同じ、ことばの贈り物をすると言葉が返ってくる。

    迷ったときに自分を元の位置に戻してもらえます。内田樹さんに出会えた感謝すべき一冊です。

  • 頑張らない、無理しないというのはなかなかできることではありませんね。

    自分を素直に受け入れ、内なる心の声に耳を済まし、周りの人への敬意を抱くこと。

    他者との比較で幸福を判断しない生き方って難しそうだけども、心や体が壊れる前に日々の生活に取り込んでいきたい指針だ。

  • 昨夜は 眠れなかったので、そうだそうだ。
    内田樹の本があった とおもって、
    『疲れすぎて眠れない夜のために』をてにとって読み始めた。
    眠れるための ことが書いてあるかとおもったら、
    そうでなくて 『疲れすぎないように どうするか』が
    書かれていた。なるほど。

    疲れなければいいわけだ。
    でも、元気だったら、よけい眠れないじゃないか
    と思ったりした。

    小さくはあるが確固とした幸せ。
    ほっかりした 幸せ を 行動規範にしたほうがいいと良い
    というおすすめ だった。

    ワンランク 上では なく ワンランク 下でいいよ。
    無限の可能性があっても、可能性は有限だから、
    目標の適正と優先順位をつけて我慢しなさい とか。

    『ああ、へばった。』と正直に 申告しよう。
    ふむ。そうだね。私も 最近疲れたので 休もうとしているのに
    ちょうどいいや。疲れた時には 疲れたと言おう。
    どっこらしょっと。

    『人々が自分の幸福を利己的に追求すれば、結果的には必ず自分を含む共同体全体の福利を配慮しなければならない。』

    利己的と利他的は対立するものではなく、
    利己的を追求すれば 利他的にもなるはずなのだが
    なぜ、そうならないのかといえば、
    利己的になりきれていないからだ。ということなのかな。

    『不愉快な人間関係に耐える能力』を持っても、意味があるのか。
    それは 有害であり、命を縮めるだけだ。
    我慢することも意味がないよね。
    耐えることが 自分の存在証明であるはずがない。
    嫌いなものは 嫌いだと言えばいい。

    女性のサクセスモデルが アメリカ基準を導入しているので
    苦しくなるのだ。


    100メートル競走を、90メートルのところからスタートする人と競争して勝つわけない。
    無理なところに自分の目標を設定しても意味がない。
    覇気がない。野心がない。

    男性が仕事に命を削って働くことの意味 にたいする 
    女性的価値・対抗軸、批評的位置。バランサー。
    『そんなことどうでもいいじゃないの』
    『それよりもっとおいしい物をたべてほっこりしましょうよ』

    価値の一元化、男性的価値観への統合。
    『女性で初めて』とかいう『歴史的使命』

    そういう上昇志向が間尺にあわないと思うようになっている。

    日本は 恥の文化。
    『人様には見せられないざま』
    『世間には顔向けできない。』
    『はしたないこと』『さもしいこと』

    神様が見ているのではなく、自分の中の『人』がみている。
    他人の眼で判断しているのではない。

    まぁ。無理したり 我慢したり するのは
    疲れちゃうからね。疲れない生き方をしてよいのだよ。

全247件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

うちだ・たつる 1950年東京生まれ。武道家(合気道7段)。道場兼能舞台兼私塾「凱風館」館長。神戸女学院大学名誉教授。翻訳家。専門はフランス現代思想史。東京大学文学部卒業。東京都立大学大学院人文科学研究科修士課程修了。ブログ『内田樹の研究室』。



「2019年 『そのうちなんとかなるだろう』 で使われていた紹介文から引用しています。」

疲れすぎて眠れぬ夜のために (角川文庫)のその他の作品

内田樹の作品

ツイートする