疲れすぎて眠れぬ夜のために (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.79
  • (167)
  • (249)
  • (218)
  • (24)
  • (13)
本棚登録 : 2075
レビュー : 247
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043707034

作品紹介・あらすじ

疲れるのは健全である徴。病気になるのは生きている証。サクセスモデルへの幻想を棄てて、「1ランク下の自分」を目指しませんか?ささやかなことで「幸せ」になれるのは一つの能力です。まずは身体の内側から発信される信号を聴き取ること。真の利己主義を目指すこと。礼儀作法と型で身を守ること。家族の愛情至上主義をやめること-。今最も信頼できる哲学者が、日本人の身体文化の原点に立ち帰って提案する、最強の幸福論。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「内田樹さんの本を初めて読む」という人にはオススメな気がしました。
    いつもながら、全体的には面白かったです。もともとは2003年の本のようです。

    タイトルが秀逸ですね。なんともとっちらかった内容の本ですから(笑)。
    でも、この本の持ち味や良さを、上手く伝えていると思います。

    毎度ですが、哲学研究者というか、大学教員である内田樹さんが、四方山に「へー」というお話を語り下ろしたような本です。

    項目だけ上げると、「なんだか胡散臭い自己啓発本そのものじゃないか」と、見えてしまうんですが、まあ、見方によってはそうとも言えます(笑)。

    ただ、内田さんの著作は、「どうしてかっていうとね、ほら、こうだからなんですよ」という、論拠が明確にあります。
    それが全て、国内外の歴史の検証だったり、国内外の作家や思想家や人類学者の考察だったり、まあ、ぶっちゃけ言うと非常に「ナルホド率」が高いんですね。

    そして、常に向かう方向は、企業や体制に都合のいいヤンキー的な「ガンバリズム」や「現状肯定」でもなければ、
    反知性主義的な「敵対勢力攻撃」でもありません。
    右翼嫌韓的な嗜好もバッサリ、左翼ヒステリックな思想も一刀両断。
    単純に、「幸せに精神のバランスを保って生きていくには」という、非常に個人的な(それがひいては社会的になるはず、という)幸福を考えての発言だと思います。
    もちろん、ベースに豊富な研鑽があった上で、安易な行動的結論はありませんし、押し付けません。
    そして、笑っちゃったのは「僕の他の本と大いに重複します」とハッキリ意識的に認めてらっしゃる。「むしろそれで良いんです」。いやあ、お見事。

    いつもながら、話が武道礼賛になっていったり、ある種の自慢話になっていく部分もあります。
    正直、そういうところは面白くありません(笑)。
    でも何しろ、書き手の方が、「そりゃ万人受けはあり得ないし、マチガイだってありますよ」という肩の力の抜け具合なので、そこで目くじら立てる気にはなりません。

    なんていうか…
    なだいなださんとか、河合隼雄さんとか、中井久夫さんとか。
    丸谷才一さんとか司馬遼太郎さんの、エッセイ的な文章とか。
    村上春樹さんとか橋本治さんの仕事などが、きらいじゃない人には、おすすめの本ですね。

    まあそれでなくても、自己啓発本(とジャンル分けされるような本)をたまに読んだりする、
    若い人、働く女性、といった方々も、面白がれて、ちょっと目からウロコなところもあると思います。


    しかし、毎度ながら思うのですが、新書全般に、そして内田樹さんの本全般に共通して、
    「出だしの第1章、前半が面白い。中盤からダレてくる」
    というのがどうにも、いつも感想として思います(笑)。
    「内田樹さんの本の、前半1/3だけ集めた本」というのが出ないでしょうかね(笑)。









    内容を項目だけ、極めて適当に。個人的な備忘録として。

    ●今どきのパワハラなども含めて、「不愉快な人間関係に耐える」っていうのは良くないよ、という話。

    ●どうして「不愉快な人間関係に耐えることに価値を持つ人」が出来上がるのか、という考察。

    ●「働くこと」の考え方、「働く女性」「フェミニズム」の位置づけとリスク。

    ●歴史的な「フェミニズム」論考、アメリカにおけるいわゆるウーマン・リブ的な運動を模倣する危険性。

    ●上昇志向、成功志向が薄まりつつある2007年現在の日本の若者たちの意識の由来、「それは決して悪いことじゃない」

    ●弱肉強食になる「資本主義」「市場経済社会」を、基本肯定しつつも、それが純化するとモラルハザードになる危険性。バランスを保つための「倫理性」。

    ●その当たり前の「倫理性」を失っている政治家や経営者の批判。なぜそういうことになるのか、という考察。競争社会の落とし穴。

    ●反対意見、反対勢力も含めて全体のことを考えなければならない、という政治家たちへの批判。

    ●「ビジネス」の愉しみと「レイバー」の不毛さ。

    ●「コミュニケーション」の大事さ。核家族が純化することの危うさ。

    ●「偽造された共同的記憶」、つまりは後から時世合せで自分史を微妙に改ざんする、ということ。

    ●戦後精神史的な、世代論。

    ●内輪受け的なコミュニケーションの狭隘さの危険性。

    ●「自分らしさ」「個性」「自分探し」という、嘘くささ。

    ●「個性」という幻想と「大衆社会による大衆消費」という資本主義の原理が、原則矛盾するという、避けられない二律背反の指摘。

    ●DV、ストーカーから、パワハラまで通じる「本人が、相手のためだ、悪意はないんだ」と、のたまう暴力行為への、断固たる否定。

    ●家族論から、「親離れ」「家離れ」の奨励。

    以上。

  • 凄いヤツは利他的、という日本の難題のお話と繋がると思いました。

    家族は社会的であるべきで、息子がいるなら親父の兄弟と同居すべきとか、(それは親の支配力を分散させるため、理想の大人の男性像を客観視しやすくするため)とか、なるほど納得、とても面白かった。

    あとこれを読んでいて思ったのが、人を愛する行為って、人に礼儀を尽くすとか人間の社会的行為の最上級なんじゃないかなと思いました。

    目からウロコな話満載でした。

  • ラジオで紹介されていて、気になって買ってみました。
    タイトルからすると、疲れたときの半身浴や就寝前の安眠体操がのっていそうですが、全く違います。
    なんというか、生き方、働き方に関して、すごく健全な考え方が述べられています。
    まだ1/3ほどしか読んでいませんが、寝る前に少しずつゆっくり色々思い出しながら考えながら読んで、そうそう、と納得して熟睡できているような気がしています。

  • 世の中で「当たり前」とされていることに対して、はたして本当にそうだろうか?と問いを立て続けることは生きていく上で重要なことだ。その点で、内田さんのように、時々立ち止まり自分の今いる場所を俯瞰して捉えることや、世の中に溢れている根拠の無い「常識」に無意味に流されることがないよう姿勢を整え直すことは、生きていく上でとても大切なことだと思う。

    そのことの意味を、またはそうして生きていくための考え方を学ぶアイテムとしては、この本はとても良い本だと感じた


    が、そもそもそういった世の中を斜めから見るような、絶賛されているものを見ると逆の視点から見たくなるような考え方を日頃からしている人にとっては、かなり凡庸な本だとも言える。

    本書に書いてあるのは結局、内田さんが生活している上で気がついた「世間ではこれが当たり前だと言われてるけど、改めて考えてみたら違う気がしてきた話」でしかない。それを一貫性もなくただ羅列しているだけな上に、ひとつひとつの話に論理的なジャンプが多く、根拠が薄弱な推論をアンカーにして話を進めていってしまうので、論旨の土台が非常にグラグラしている。言葉は悪いが、日記に書け!的な内容にしかなっていないように感じた。

    ハンカチ落としでハンカチが落とされる前に気配を察知できることがあるのは、鬼の「邪念」を感じるからだ、などと言われても(本書にそういう話が出てくる)、「えっ邪念!?」と思ってしまうわけで、そんな話をすんなり飲み込むことはできない。

    もちろんそんな突飛な話ばかりじゃなく「なるほどね」、と思える話もたくさんあるのだが、どちらにしても、個人で考える分には有意義な内容だろうが、わざわざ本にして他人に見せる必要があったのかな?と思ってしまった。

  • ヘラヘラと質の高い仕事をするためのノウハウを知ってるかの違いが同じような社会的プレッシャーを受けながら耐えられる人と潰れる人の違いを生み出している。

    仕事の目的は結果として価値あるものを作り出すことではない。人間が仕事に求めているのは突き詰めて言えば、コミュニュニケーション、ただそれだけです。やったことに対してポジティブなリアクションがあるとどんな労働も楽しくなります、一番辛いのは自分の行いが何の評価もされないこと。要するにやりとりをするのが人間性の本質で、それさえ満たされれば人間はかなり満足を覚えます。

    日本人の倫理性を担保しているのは、神ではなく、むしろ個人のうちに内面化し、身体化した社会規範です。

  • 内田さんの考え方は、改めて面白いと思う。主義主張思想が異なっている中で、この人のような考え方を皆が修めれば立場を超えた理解があり得るのでは?と思える。考えの内容(も面白いよ?けど好き嫌いはある内容だし)より、いかにして考えているかが魅力的に伝わってくる。
    それはそうとして個人的には、自分の価値観が狂わされる恐れのあるギャンブルも宝くじもやんねーよ、といってる件がスッキリした。そう、そのとおりよ。

  • 「疲れすぎて眠れない」頃に何となく手にとった本。
    内容は予想と違ったが、「無理しすぎない」「我慢しすぎない」で「ほんとうの自分」を追い掛けすぎちゃ駄目だよー、というじんわりと優しい話だった。
    最近、仕事中にイライラしてしまうことが多かったが、読み終える頃には「そんなことにエネルギーを消費するよりも、自分のできることの品質を高めようかな」と少し心が軽くなっていた。可能性は無限だし有限、だから。

    きっと別の機会に読んだら違う箇所が響いてくる本だと思う。いつかまた読む。

  • まずはじめに、マイナスの点として、タイトルと本編内容が整合しないということが挙げられます。最後まで読んでもどうしてこんなタイトルにしたのかな? という疑問が残ります。私の読解力が不足しているのでしょうか? そうではないような気がしますが。

    その点を割り引いたとして、本当に良い一冊でした。目からウロコがボロボロ、という感じでした。普段モヤモヤと感じている何かが、一体どこからくるものなのか、社会が向かっている方向がどんな風に誤っているのか、そういうことが正確な例証とともに論じられています。メディアが吹聴してきたあるべき人間像や推奨されている個性というものが、どれだけ脆くて危ういか、ぞっとするほど的確に指摘されています。

    多分この人の骨太な理論の前には、自分が振る舞ってきた見せかけの態度がバラバラと崩されてしまうんじゃないかと思います。それなのに、「それでいいのだよ」と言ってくれるような、不思議な感覚があります。

    なんだかよくわ分からないですね。よく分かっていないのかもしれません。分からなくってもいいのかも知れません。いや、ダメか。

  • 現代思想というものに興味がなかったけど、内田樹先生に興味を持ったきっかけの本。
    現代の家族の在り方には心打たれる箇所がしばしば。

  • 抜く
    ということの重要性。
    成長する
    ではなく
    立ち止まる
    ことの意味。

    当たり前なことが当たり前でない近代の病への処方箋。昼から飲むビールへの讃美歌。

    「草原のど真ん中の一本道を

    あてもなく浪人が歩いている

    ほとんどの奴が馬に乗っても

    浪人は歩いて草原を突っ切る

    早く着くことなんか目的じゃないんだ

    雲より遅くてじゅうぶんさ

    この星が浪人にくれるものを見落としたくないんだ

    葉っぱに残る朝露

    流れる雲

    小鳥の小さなつぶやきを聞きのがしたくない

    だから浪人は立ち止まる

    そしてまた歩きはじめる」
    15歳少年 山田洋次

  • 総集編感ある

  • 内田さんの本を立て続けに読んでいると
    どんどん思考全体が内田ワールドに染まってくる。
    こんなに魅了される内田さん独特の語り口ってどんなもんだろう・・

    と思って読み返してみる。
    だけど探してもそのような部分がみつからない。というのも、
    内田さんご自身がいつも仰っているような
    「○○と誰かが言っている」
    という方法で内田さんが語られているからだと気づいた。

    この本、タイトルのように「ちょっと休ませて。」と
    感じている人にとっての処方箋。
    本自体が患者を治してくれるものではないけれど、
    患者にこの薬がいいよ、と教えてくれるものではないかなと思う。

    途中で医者が出てきて、立ち止まりながら読まなければ
    苦しい場面もあったけれど治癒のためには致し方ないと思って読み進めた。

    内田さんの愛情の一冊。


    「小さくはあるが確固とした幸せ」(@村上春樹)
    を引用され、これがこの本のベースとなるところかな、と思った。

    「疲れ」を感じていない人にぜひ読んでほしい。

  • 以前 内田樹さんの著書を途中で読むのを断念したので、この本は大丈夫かと心配しながら読みましたが、面白かったです。
    私自身がうまく表現できずにいた感情を形にしてくれていたり、なるほどね~と思うようなことが書かれていたり。
    違うものも読んでみようと思いました。
    ちなみにこの本も娘の受験のためにかりた本です。娘は興味を示さず、私が読んで返却しました。
    小6には難しいと思いますが、こういうレベルの本を読んでいないといけないのでしょうか?
    小学校で勧める本とギャップありすぎ!

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「小6には難しいと思いますが、」
      誰が考えても小学生にはムツカシイでしょ、、、しかし受験って何なんでしょうね?
      内田センセの本は、どれもお薦...
      「小6には難しいと思いますが、」
      誰が考えても小学生にはムツカシイでしょ、、、しかし受験って何なんでしょうね?
      内田センセの本は、どれもお薦めです。色々読んで「やっぱり、そうでしょ~」や「そう言う見方があったか!」と楽しんでください。。。
      2013/03/13
  • 「ほんとうの自分」「個性」というのが、ここでは常に否定されている。
    オリジナリティを出したところで、実は人の真似だったり、自分も気が付かないところで一緒になっていたりする、という。
    かけがえのない個性と思っている95%は既製品、
    ともいう。
    そうかもしれない。

    ほんとうの自分なんて、わからないものを追うよりも目の前のものを片付けて行ったほうがよさそうだし、必ずこのほうが前に進むんじゃないか、最近の私の考えに一致していた。

    武士のふるまいは大げさかもしれないけど、
    自分の感覚をするどくもって、自己防衛ができるようになるというのは
    大事だと思う。
    若くても年をとっていても、自己防衛ができない人は多いと思う。

    今、仕事やマラソンで、この意味がだいぶ分かってきているつもりだ。
    飽きることなく続けていきたい。

    なお、今回でとっても気になった言葉は「ニッチ」。

  • 子供のころから当り前だと思っていたことを、違う見方でやさしく説明してくれた。視野が少し広がった気がする。知らず知らずのうちに気を張っていたみたいだから、もうちょっと肩の力を抜いていいかな、と思った。
    あとがきに書いてあったけど、20~40代女性に支持されるのわかる気がする。

  • 素晴らしい!納得すぎる内容だった。

  • なんか心や身体がカチカチだったのに読み終わったら,すうっとちからがぬけてなおかつ軸がしっかりしてきたような。そんな本。

  • 自分が若いころに、こんな先生の講義を受けたかった。
    難しい言葉が溢れているのにすごくわかりやすくスッと素直に入ってくる。納得することばかり。自分ではとてもとても難しすぎて語れないんだけどね。
    何ども読み返したいです。

  • 内田樹先生の著書を初めて読んだが、とにかく頭が良い。

    冒頭にて打ち出される、自分の体にとって無理をするな、という思想をまず紹介し、その後それを実行に移すためのメソッドが、戦後のアメリカによる抑圧が行われる前に存在した日本特有の身体の形や「らしさ」、家族のありかたを通して教えられる。

    現代の人間が持つ大衆っぷり、そしてメディアが見せてくる「本当の自分」や「アイデンティティ」の幻想を内田先生が明らかにしていく中で、当然のように自分にも突き刺さる剣が数々。

    他者志向的な人間、つまり我慢しながら生きている人間になりそうな時読み返そうと思う。

  • 疲れすぎて眠れない人に
    「無理はいけない」「我慢しちゃダメ」と語りかける。
    疲れるのは健全な事、嫌な人からは離れれば良い、サクセスモデルへの幻想を捨ててささやかな事で幸せになれる能力を身につけよう。
    雑誌に出てくるような理想的な社会人など、ほとんど実在しない、と言うことを気づかせてくれる。そんな人と自分を比べて、劣等感を持つのはバカバカしい。
    礼儀作法の大切さ、型で身を守る方法など納得できる事がたくさんあって面白かった。

  • 2011/12/06 10:15 おもしろかった

  • 自分にとっての内田さんは、
    先が見えず、人によって捉え方が違う複雑な社会の本質を
    わかりやすく、共感できる視点で翻訳してくれる人。

    人類学にも造詣が深いので
    いまの時代だけを表層的、断片的に
    とらえて「現代の生き方論」を語る本に比べると、納得感が高い。

    この本に何を期待しながら読むかで、
    読み手にとっての読後感やこの本の価値は変わると思うけど、
    何か劇的な精神安定剤のようなものを求めると
    「話が散漫でとらえどころがない本」
    になってしまう可能性もなくはないかな...

    いろんなしがらみに囲まれ、
    いろんな重たいモノを背負い
    前に進む気持ちが弱くなっている人にとって、
    「あっ、私のこの価値観は見直したほうがいいかも...」
    「そういう風に考えるとスッキリするなあ」とかの
    気づきがあるかもしれない、
    漢方薬のような本。

  • いつもの内田節が冴え渡っていて、新しい話はそれほどなかった。しかしいつもの通り視点を広くみさせてもらえ、自分がいかに普段狭い世界の中でものをみているかを気づかせてくれる。大切なことを再確認させてくれる。人間は無理をすれば簡単に壊れてしまうことを言ってくださったのには救われました。

  • 言葉にしたくてもうまくできなかった大切なことを、サラっと言ってくれている気持ちいい本です。

    まさに、目からウロコが何枚も落ちました。

    人間の可能性について、働くことについて、家族について…

    考えさせられます。

  • 心に響くフレーズ
    ① 人間が仕事に求めているのは、突き詰めて言えば「コミュニケーション」です。
    ② 品の良い人というのは、節度を知る人のことです。

  • ボーヴォワールのいうフェミニズムは社会的資源のうち同質のものに価値を集中させてしまうので、人類の生存戦略としては不幸。

  • 昔からへんなタイトルの本だなあ、と思っていたけれど、今ならよくわかる。そういうことがありうることを。

    ただ、初期の内田さんの本だからか、ちょっと文章が硬い感じがする。

    でも、外部の声を聴こうとするときが、最もリラックスするというメッセージは金言であるように思う。

  • 哲学が得意とする批判的な見方は、様々なことに対して考えさせられるヒントが散りばめられていると思う。
    正しい、当たり前と思われているものが何の前提をもとにして成り立っているのか、それは今目の前にあることにも適応されるのかを批判的に、健全に考えることに哲学の営みは近い。
    この本は今の社会にあるリアルなテーマを基に話をしているので、結果として肩の力が抜けるような、どこかほっとさせられる本になっていた。

  • 著者が語るこの本の骨子は"「無理はいけないよ」「我慢しちゃダメだよ」ということ。

    内なる声を聴くということ。

    タイトルの通り、こんがらがった頭を解きほぐす、ストレッチのような一冊。

  • あまりに面白くて読むのが止まらず、「眠れぬ夜」になって
    しまった一冊。

    こういう見方もあるのか、という新たな気づきをずいぶん
    もらった。なんだぁこいつぁ、とお怒りになる御仁もいるん
    でしょうが、最後には、なるほど、と思わず納得してしまう
    ような話が満載。

    中でも、アメリカは女性嫌悪の国であり、その国で生まれた
    西部劇というのは、フロンティアの男たちのトラウマを癒す
    ための物語だという指摘は、面白かった。
    ワタシの中でスッと落ちた。


    人気が高いというこの内田さんのブログ、これからはマメに
    チェックだ。

全247件中 1 - 30件を表示

著者プロフィール

うちだ・たつる 1950年東京生まれ。武道家(合気道7段)。道場兼能舞台兼私塾「凱風館」館長。神戸女学院大学名誉教授。翻訳家。専門はフランス現代思想史。東京大学文学部卒業。東京都立大学大学院人文科学研究科修士課程修了。ブログ『内田樹の研究室』。



「2019年 『そのうちなんとかなるだろう』 で使われていた紹介文から引用しています。」

疲れすぎて眠れぬ夜のために (角川文庫)のその他の作品

内田樹の作品

疲れすぎて眠れぬ夜のために (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする