ユージニア (角川文庫)

著者 :
  • 角川グループパブリッシング
3.37
  • (250)
  • (671)
  • (1019)
  • (239)
  • (53)
本棚登録 : 6203
レビュー : 643
  • Amazon.co.jp ・本 (420ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043710027

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ミステリーながら結末ははっきりとせず、著者曰くグレーゾーンで終わる。

    作品全体にわたって、もったりとした不安や不気味さが漂ってる感じがした。

    本を読んでいるときにゾクゾクと感じた嫌な気持ちが読了後も続く。

    読み終わったあとも自分の中で納得させようと読み返してしまう。

  • くぅ~もやもや!
    恩田陸さん初読み。読後直後はあまりのスッキリしない感に悶えた。でも一晩経ち、少しずつ消化されてくると、この作品への思いが変わって来た。
    あ~ちょっと損したなぁ…やっぱ、伏線の回収ほぼ100%な話が好きやなぁ、恩田陸さん苦手かも…→冷静に考えたら、気になって気になって結局最後まで夢中で読んでた自分がいてたよな、読み終えた瞬間の気持ちより読んでる最中の時間に重きを置くのではあれば、私は充分に引き込まれていたではないか、それだって読書の醍醐味なんだよな、と。

  • 単行本を加筆修正してます。また、ブックデザイナーを担当されたかたの解説がビックリなので単行本から読んだほうが純粋にユージニアを楽しめると思いました。(単行本の方の作りの仕掛けが細かいです。)

    単行本を読んだ上で、ぜひこちらの文庫本を読んでください

  • 個人的に感じたこと、解釈したことを断言する形でレビューを書いてみます。
    まず、本から滲み出る雰囲気がすごい。
    それは夏の空気。盲目の神秘的な少女。各人の思惑。
    読んだあとにずっしりとのしかかってきます。
    そして、この本に謎をズバズバ解決してしまうような、快刀乱麻を断つ名探偵は出てきません。
    最初の章では都道府県を当てさせるという読者に考えさせる構造になっていますが、全体の謎も読者が考えなければなりません。決して思考を停止してはいけません。先入観は吹っ飛ばした方が良いかもしれません。
    そうすると一つの可能性が見えてくるかと思います。結構友達と議論すると違う意見になったりするのですが、このところをよく考えてみてください。個人的にはとても味わい深い作品だと思いましたので。
    まあしかし最終的には何もかもがグレーになるのですが…。上質の謎を投げ捨てて、この「曖昧な真実」を表現しようとしたことに感服。
    自分は、この作品は本当に無駄な箇所が無いと思います。洗練された作品かと。

  • これは繰り返し読める本だな、まるでスルメのような。

  • 美しさは必ず失われる。いつから内なる醜さが滲み出ていったのか。

  • 一人称?インタビュー形式で進められる独白のスタイルは面白い。ハマればその人物になり切って読み進められる。ストーリー自体はすこーしありきたりかな?

  • いつもそうなんだけど…。
    恩田氏の小説は6分目くらいまでは文句なく面白い。

    だけど、だけどなんだ…。
    結末がイマイチ納得がいかない。
    ミステリの感覚で読んでしまうからいけないんだ。
    それはわかっている。


    それでも今回はなんとも言えない浮遊感がある終わり方でした。
    これからどうなる、どうして?

    暗に示すことにかけては才能がある人だけど、どうも氏と私の感覚の方向性がマッチしてないのである。

    それがとても悲劇的に残念だ。

    けれども途中で止められない。

  • 先が全く読めずドキドキしながら読みました!恩田作品の世界観大好きです。

  • 途中まではすごくおもしろかったが、
    最後の落ちが微妙だった。

全643件中 51 - 60件を表示

著者プロフィール

恩田陸(おんだ りく)
1964年、青森市生まれ。水戸第一高校を卒業し、早稲田大学進学・卒業。1991年、第3回日本ファンタジーノベル大賞最終候補作となった「六番目の小夜子」でデビュー。2004年刊行『夜のピクニック』で第26回吉川英治文学新人賞及び第2回本屋大賞、2007年『中庭の出来事』で第20回山本周五郎賞をそれぞれ受賞。2017年『蜜蜂と遠雷』で第156回直木三十五賞、第14回本屋大賞、第5回ブクログ大賞などを受賞した。同作品による直木賞・本屋大賞のW受賞、そして同作家2度目の本屋大賞受賞は史上初。大変大きな話題となり、代表作の一つに挙げられるようになった。同作は2019年4月に文庫化され、同年秋に石川慶監督、松岡茉優・松坂桃李らのキャストで映画化される。

ユージニア (角川文庫)のその他の作品

ユージニア (角川文庫) Kindle版 ユージニア (角川文庫) 恩田陸
ユージニア 単行本 ユージニア 恩田陸

恩田陸の作品

ツイートする