バッテリー 3 (角川文庫)

制作 : 佐藤 真紀子 
  • 角川書店
3.65
  • (574)
  • (558)
  • (1358)
  • (41)
  • (6)
本棚登録 : 5361
レビュー : 346
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043721030

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ちょっと(笑)
    今気づいたけど、豪と巧、初めての試合じゃん!
    展開おっそ!!
    なのに読んじゃうって言う、シリーズ物の罠(涙)
    ちなみに第3巻は、夏の終わりから秋の初めまで。
    次巻は初対校戦!

    暴力事件主犯の先輩が、部活をやめていきます。
    多分スポーツやっている子なら誰でも遭遇するであろうシチュエーション。
    才能の有無にかかわらず、ふとした瞬間に熱意が冷めたり、ちょっとしたきっかけから未来が見えなくなったり。
    去っていく人を引き止めるのって、すごい難しい。

    先輩ほど露骨じゃないにしろ、今はチームメートでいるけど、沢口や東谷もいつか野球をやめる時が来るんだろうな。
    その時、豪や巧はどういう反応をするんだろうね。

  • 大人は子供のことをわかってるつもりで
    子どもは自分が大人と対等に話せると思ってる
    そのへんの食い違いがいろいろ辛くて大変なんだよね・・・
    青波くんはお兄ちゃんへの憧れとか体弱いことの悩みとかいろいろ考えるといいと思う 
    いや、もう考えすぎてるのかな・・・

  • 謹慎明けの野球部の今後が気になった。
    しかし、野球は9人でプレーするもの。主人公の巧、人として成長して欲しい。

  • あさのあつこ著の青春小説。

  • ついに?まで来ました。
    ?は良かったのに何か?違うな。。。
    続いてる本だから仕方ないかもしれないけど、良くドラマとかである前回のあらすじみたいなのがウザい( ̄‥ ̄)=3 フン
    そしてやっと全員中学生らしくなったなぁ〜と思った矢先!
    門脇さんやたらおっさんくさい!
    「おんな」が原因なわけなくない????
    「酒」も!まるで高校野球のような話です★
    ?も負けずに読みますよ私は

  • うむ。。。兄弟でどうだろうか?(なにが?w)

  • …いや、バッテリーシリーズは全部好きなんですが。
    強烈なエピソードが思いつかないなぁー…とランク2つ。

  • 2〜4巻の橋渡しという感じ。少し元気ないかな?部内の抗争も終息し、新しい挑戦相手へとつながっていく。あまり激しい展開はなく、少しずつ他の登場人物がはっきりしてきたし、戸村先生などもちょっと変わってきたみたい。
    06/06/15あたり

著者プロフィール

あさの あつこ
1954年生まれの小説家、児童文学作家。岡山県英田郡美作町(現:美作市)湯郷出身。幼少の頃から本に親しみ、中学の頃から創作日記をつけはじめ、中学2、3年生の頃から作家を志す。青山学院大学文学部入学後、児童文学サークルに入り活動。卒業後小学校の臨時教諭を2年間務め、結婚。日本同人協会「季節風」同人となり、そこに連載した『ほたる館物語』で作家デビュー。
代表作に、1996年から執筆を続ける『バッテリー』。97年野間児童文芸賞受賞、99年『バッテリー2』で日本児童文学者協会賞、2005年『バッテリー』全6巻で小学館児童出版文化賞をそれぞれ受賞。シリーズ1000万部超の大ベストセラーとなり、映画化・アニメ化された。

バッテリー 3 (角川文庫)のその他の作品

あさのあつこの作品

ツイートする