ロケット★ボーイ (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.47
  • (4)
  • (3)
  • (7)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 53
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (349ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043725045

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 良く分からん

  • クドカンの名前を知る前に好きだったドラマのノベライズ。好きだった作品の脚本が総じてクドカンだったことに後から気付いてすごいもんだと思った。

  • シナリオブックという物を始めて読んだけど、思ったより読みやすい。

    にやにやしながら一気に読めてしまいます。
    やっぱ宮藤官九郎は凄いなと思った。

  • ドラマの方

  • おもしろかったよー。
    木更津キャッツアイとかウエストゲートパークはこの人が監督なのかー。
    なるほどー。あ、これドラマだったんだ。しかも織田裕二が小林なんだ!!

  • この本は著者が宮藤官九朗だから、読んで見ました。
    内容は三人の男の人が少し遅めの自分探しをします。
    爆笑するというよりは本読んでいてにやにやしてしまいます。
    読んで損は絶対ないと思います。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1970年、宮城県出身。脚本家、映画監督、構成作家、俳優。91年より「大人計画」に参加。近作のテレビドラマの脚本は「NHK連続テレビ あまちゃん」「ごめんね青春!」「ゆとりですがなにか」「監獄のお姫さま」「NHK大河ドラマ いだてん~東京オリムビック噺」など。

「2021年 『俺の家の話』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宮藤官九郎の作品

ツイートする
×