木更津キャッツアイ 日本シリーズ (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.71
  • (19)
  • (12)
  • (35)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 147
レビュー : 20
  • Amazon.co.jp ・本 (245ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043725052

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ドラマの方がいい

  • 茨城などを舞台とした作品です。

  • 映画化された

  • 数年前にドラマをやっており、このドラマを映画化された作品です。
    小学生の頃にドラマを見てから好きになり、その後に映画を観た後、この作品を読んだのですが、映画と変わらずとても楽しかったです。私の大好きな宮藤官九郎さんが書いているということもあって、読んでいてとても楽しかったです。映画を観た人でも十分楽しめる内容でした。ですが、個人的には小説よりも映画の方が映像として面白さが伝わるかなとも思います。ですが、映画を観た人には映像として伝わらない分、少し物足りなく感じるかもしれません。

  • 木更津シリーズの映画化された作品。宮藤官九郎さんの作品は本当におもしろいです!ビールと野球が大好きな木更津5人組の最後の夏のお話。ロックフェスの話が一番のすきです。

  • 余命半年のぶっさんが死から生き返り、遊んで暮していたが、木更津で氣士團がロックフェスティバルを開くことを知り、ぶっさんは曲をつくり参加しようとする。前作に出てこなかった登場人物も出てきて恋愛もあり前作同様とてもおもしろかった。

  • 前作はドラマ化で、今回の作品は映画化されました。

    映画と内容はほとんど一緒なので、両方見ておもしろさが増しました。

  • 最初は映画を見てこの話を知りました。私が野球が好きだということもあってこの作品は大好きです。中身は、野球にビールに相変わらずで最後の夏を懸命に生きようとするぶっさんという人物がいます。そんなぶっさんが余命半年と宣告されます。映画も本も面白かったのでぜひ読んでほしい一冊です。

  • 自分大好きな作品の一つです。宮藤官九郎さんの作品はどれも本当に面白くて読んでいて楽しいです。余命半年を宣告された主人公のぶっさんは、なかなか死なないしそんな様子も感じないのである意味おもしろいです。野球とビールとがだいすきな木更津大好き5人組のお話です。みなさんも読んでみてください。

  • クドカンわ~るど

全20件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

宮藤 官九郎(くどう かんくろう)
1970年生まれ、宮城県栗原市出身。日本大学芸術学部放送学科中退。脚本家、俳優、作詞家、作曲家、放送作家、映画監督、演出家、バンド「グループ魂」のギタリストなど多彩な活動で知られる。劇団大人計画所属。
2000年、『池袋ウエストゲートパーク』の脚本が出世作となった。『木更津キャッツアイ』『タイガー&ドラゴン』も担当して名を轟かせる。2005年『真夜中の弥次さん喜多さん』で映画監督デビュー。NHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』の脚本を担当。シナリオのノベライズを拒んでいる。

木更津キャッツアイ 日本シリーズ (角川文庫)のその他の作品

宮藤官九郎の作品

木更津キャッツアイ 日本シリーズ (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする