ピンク・バス (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
2.88
  • (16)
  • (24)
  • (219)
  • (56)
  • (20)
本棚登録 : 630
レビュー : 84
  • Amazon.co.jp ・本 (178ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043726028

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「ピンク・バス」と「昨夜はたくさん夢を見た」の2作品。
    2作品とも、読み手の好みが分かれる作品なのでは・・・

    ・「ピンクバス」
    少しシュールな雰囲気漂うストーリー。
    意味不明なお話だと感じつつも、サエコになんとなく感情移入できるのは、何故なんだろ・・・と思いながら、後書き(「角田光代の”疲労感”について 石川忠司」)を読んだら、
    「ピンク・バス」が扱っている問題は「意思」と「運命」との対立だと言っていいだろう。
    ・・・とあり、納得。
    そういう観点から読むと、なかなか面白い作品だと思った。

    ・「昨夜はたくさん夢を見た」
    生死にかかわらず、身近な人との別れに直面した時の、残された側の心情が描かれた作品。

  • 表題作のみ。
    ホラーじゃないかと思ったけど妊婦の気持ちなんてほぼホラーだわな。

  • 妊娠による不安定さなのか、それとも彼女が元々持っている性格なのか、共感出来る部分と理解出来ない部分が共存する不思議な世界でした。日常なのだけれど非日常でもあり、そのハラハラするような不安定さがクセになるというか、ねっとりとした湿った空気を感じさせる本でした。

  • 角田さんの頭のなかは一体どうなってるのだろう。想像力とか創造とかそういうのを遙かに超えてしまっていないか?その人になってみなければ分からないような感覚が、小説のなかで生き生きと描かれることにいつも感嘆のため息ならぬ、感嘆のまばたきをパチパチとしてしまう。
    現実感あふれる世界にある汚くて臭いものすら、愛おしいものだと抱きしめたくなる不思議な気持ちになってしまった。

  • 何を表現したいのかよく分からない
    あまり気分の良い文章ではなかった!

    本当に面白くない❗
    とうじょうじんぶつみんな嫌いだ❗

  • 2015 3/10

  • 2014/10/11 読了

  • 妊娠中のイライラ感を書いた作品なのかなぁ、気持ちは分からないわけではないですが、読んでいるこちら側がモヤモヤした感じが続いてしまい途中で諦めました。
    またいつか!?

  • 2014.8.23ー61
    表作 及び 昨夜ははくさん夢をみた
    双方とも角田光代作品としては落ちもなく今ひとつ。

  • ダメ。文章自体が気持ち悪い。内容も受け入れられるところが何一つない。
    短いのに疲れるほんでした。

全84件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

角田 光代(かくた みつよ)。
1967年、神奈川県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。
1990年、「幸福な遊戯」で海燕新人文学賞を受賞し、小説家としてデビュー。受賞歴として、1996年『まどろむ夜のUFO』で野間文芸新人賞を皮切りに、2005年『対岸の彼女』で第132回直木三十五賞、2007年『八日目の蝉』で中央公論文芸賞、2011年『ツリーハウス』で第22回伊藤整文学賞、2012年『紙の月』で第25回柴田錬三郎賞、同年『かなたの子』で第40回泉鏡花文学賞、2014年『私のなかの彼女』で第2回河合隼雄物語賞をそれぞれ受賞している。
現在、小説現代長編新人賞、すばる文学賞、山本周五郎賞、川端康成文学賞、松本清張賞の選考委員を務める。
代表作に『キッドナップ・ツアー』、『対岸の彼女』、『八日目の蝉』、『紙の月』がある。メディア化作も数多い。

ピンク・バス (角川文庫)のその他の作品

ピンク・バスの詳細を見る 単行本 ピンク・バス 角田光代
ピンク・バス (角川文庫) Kindle版 ピンク・バス (角川文庫) 角田光代

角田光代の作品

ピンク・バス (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする