おさかな棺 (角川文庫)

著者 :
制作 : 五月女 ケイ子 
  • 角川書店
3.20
  • (1)
  • (8)
  • (12)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 43
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (393ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043729012

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 期待通りのバカ本。
    主人公は探偵で、「主人が女装した格好で車に轢かれて」とか「怪しいお茶漬けが届いて」といった変な依頼ばかり受けている。

  • (収録作品)春・顔面神経痛のタイ/夏・穴があればウナギ/秋・夕陽で焼くサンマ/冬・吊るされアンコウ

  • 春夏秋冬の魚に合わせた4つの短編集。最後に繋がるエピローグがあるけど、ミステリーもイマイチ、エピローグもイマイチ。

  • 私これダメだー…
    読んでる途中で何度も心が折れそうになりました…

  • 090416 読了

    バカミス好きです〜
    ラストは、ホラー小説なんかよりよっぽど怖いと思う(笑)

  • 謎解きの強引さは短編のためか益々威力増大。
    作者自身、大の魚好き(食べる方)と言うだけあって、謎の精神科医・宇大公彦のお魚薀蓄付きのお食事場面がいかにも美味しそうでお腹が鳴り、唾液が溢れる。グルメ小説ですか?

  • <内容>
    迷走と妄想の迷探偵・紅門福助の元に奇天烈な依頼が飛び込んできた。依頼人の別れた夫が、セーラー服を着たまま、車に轢かれたというのだ。紅門は調査の過程で、予備校講師・柏葉に話を聞く。しかしその夜、柏葉は首が切断された死体として発見される。容疑者はリストラされた元講師。果たして“首切り”の復讐のため、柏葉の「お頭」を切断したのか?(第一話・春「顔面神経痛のタイ」)四季折々、旬の魚づくしの本格連作!文庫書き下ろし。

  • 日本のバカミス第一人者、霞流一さん。一度読んでみたいと思いつつ、どこから入るべきか悩み、結局書店で一冊だけあったものを選びました。霞作品ではおなじみの探偵・紅門福助と、魚大好きな精神科医(?)宇大公彦の連作短編集。冒頭はどの作品も、なんとも奇妙な日常の謎から始まります。それを調べていくうちに殺人事件にあたるんですが・・・トリックがかなりバカ。特に最初の2編は散々謎めかしておいてオチはそれかい!と拳を握り締めました。何故魚に関する事件ばかり扱っていたのかが判明する最終章では、最後で怒りを通り越して唖然。でもこの罵声を浴びせたくなるような呆れる笑いが好きなのです。きっとこの作家さんの作品の中にはもっとバカミスなものがあると思います。もうちょっと他の作品も読んでみる予定です。

  • お魚に詳しくなれるミステリーw<br>

  • うひゃひゃひゃ。滅茶苦茶な事件にへんてこな探偵。でもちゃんとミステリ。トリックは本格的。

全12件中 1 - 10件を表示

プロフィール

1959年岡山県生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。映画会社に勤務しながら、94年に『おなじ墓のムジナ』で第14回横溝正史ミステリ大賞で佳作入選し、作家デビュー。主な作品に『スティームタイガーの死走』『首断ち六地蔵』『ウサギの乱』『スパイダーZ』『夕陽はかえる』『フライプレイ! 監棺館殺人事件』『独捜! 警視庁愉快犯対策ファイル』など多数。本書は映画をテーマとした本格ミステリの隠れた傑作短篇集として高い評価を受け、10年ぶりの復刊となった。

おさかな棺 (角川文庫)のその他の作品

おさかな棺 (角川文庫) Kindle版 おさかな棺 (角川文庫) 霞流一

霞流一の作品

ツイートする