調子のいい女 (角川文庫)

著者 : 宇佐美游
  • 角川書店 (2004年1月発売)
2.71
  • (0)
  • (2)
  • (9)
  • (0)
  • (3)
  • 本棚登録 :30
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (293ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043741014

調子のいい女 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 再読。すっかり内容を忘れていた。
    ボストン留学中に知り合った二人の女性の話。
    社会に出て数年して留学して、そう簡単に道が開かれるわけではないけど、こういう生き方もあるんだなと思う。
    どちらが調子のいい女なのか・・・

  • 将来、翻訳家になりたくて、留学をするため、ホステスをしながらお金をためた美和子と、不倫をしていた社長からお金をもらい、整形、留学をする波江。
    二人が語学留学のために行ったボストンで出会い、話が始まる。
    波江の自由奔放な生き方に振り回されながらも、美和子は一方では、励まされている。
    前向きに面白い。

  • ちょっと、買って損したかなあ・・

  • しょーもない本やった。
    10円だったから買っただけ。
    つまんねー。
    よくある話って感じー

  • どっちが調子いいんだろう結局。
    なんかこういう小説あんまり
    好きじゃないんだよなあ。
    具体的すぎて気持ち悪い。

全5件中 1 - 5件を表示

調子のいい女 (角川文庫)のその他の作品

調子のいい女 単行本 調子のいい女 宇佐美游
調子のいい女 (角川文庫) Kindle版 調子のいい女 (角川文庫) 宇佐美游

宇佐美游の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

調子のいい女 (角川文庫)はこんな本です

ツイートする