新版 落窪物語 下 現代語訳付き (角川ソフィア文庫)

著者 :
  • 角川書店
4.00
  • (4)
  • (6)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 54
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (428ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043742028

作品紹介・あらすじ

落窪の女君の父は、女君が伝領した土地に立派な邸を建てた。道頼はその邸を取り上げるなどして復讐するが、たがて父は道頼の妻がわが子落窪の女君であることを知る。復讐は終わり、道頼は孝養を尽くすようになる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 作者不詳ながら、少なくとも「枕草子」よりは先に書かれた、平安時代の物語。「継母による継子いじめ」は当時の宮廷生活がも相当多かったらしく、この手の物語はたくさん」あったそうだ。
    前半は非常に面白い読み物で、ストーリーの緊密さ、会話の豊かさなど、ほとんど「小説」である。「源氏物語」よりも小説らしい作品かもしれない。
    継母に召使いのように扱われ「落窪の間」に幽閉された女主人公に、好色でグロテスクなエロ爺があてがわれる。この辺の「悪役のデフォルメ」ぶり、なんかディケンズみたいである。ところがこのエロ爺、「結婚」初夜に主人公が扉にカギをかけて閉め出され、そこでジタバタやっていたのだが、風邪を引いていたため、便をもらして服を汚してしまう。この事件はのちのち大勢の人間に大笑いされる。平安時代の宮廷文学に、こんなスカトロジックな哄笑が現れるとは! お上品に趣味の良さを気取った清少納言とは大違いだ。
    ところで、この虐げられた女性にある男性が恋をして、やがて彼女を救い出して幸福をもたらすのだが、彼はただの噂ばなしを聞いて恋に駆られ、恋文を出す。会ったことも無いのにいきなり恋に落ちるというのは、現代の我々には不可解だが、アラビアンナイトにもそのような恋愛が多数描かれている。
    ある種の状態の社会では、どうもそのようなものとして恋愛が楽しまれていたようである。

  • 怒涛の復讐劇^^
    そして継母側の不幸のエンドレスループ
    昼ドラ並に酷いことするぜあの男^q^
    でも一途なところはすごい
    源氏物語成立前のヒーローはまさしく王子ですね

  • 下巻では、さらに継母たちを失意のどん底まで蹴落とす少将(作中ではどんどん出世して呼び名が変わる)。なにせ父親が大臣で自分も出世街道のトップを独走しているので、金と権力を使って気持ちいいほどの復讐の連続。
    しかし心優しい落窪の君は、老いた父や腹違いの姉妹たちが不幸になるのを悲しみ、少将は愛する妻のために和解。その後は孝行を尽くし、少将は人臣を極め、落窪の君も若君や姫君を何人も産み、大団円。

    下巻の構成は、原文、現代語訳、補注、解説、ほか登場人物系図や引用和歌、重要語句索引等。

    ああもう一度読みたくなってきた。
    小公女セイラとか好きな人におすすめ。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1954年生まれ。東京大学卒・同大学院博士課程単位取得。文学博士。専門は物語文学。白百合女子大学教授。『落窪物語』上下(角川ソフィア文庫)、『うつほ物語』(おうふう)、『うつほ物語の総合研究』(共編 全6巻 勉誠出版)など。

「2007年 『うつほ物語 ビギナーズ・クラシックス 日本の古典』 で使われていた紹介文から引用しています。」

室城秀之の作品

ツイートする
×