うつほ物語 (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス)

制作 : 室城 秀之 
  • 角川学芸出版 (2007年6月1日発売)
2.94
  • (1)
  • (2)
  • (8)
  • (5)
  • (0)
  • 本棚登録 :81
  • レビュー :8
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043742035

うつほ物語 (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ボリューミーで、巻同士の前後関係に問題があるとかで、あまり一般に読まれない古典作品と聞いている。
    実際、私も学生時代、文学史の試験のために、作品名くらいは見たなあ、くらいの関わりしか持ってこなかった。
    一度、現代語訳で読んでみようと思ったのが昨年。
    でも、源氏のような読書環境は、このマイナーな作品には望むべくもない。
    昨年、ようやく津島佑子のジュニア向けのリライトを読んだばかり。

    ビギナーズクラシックスのシリーズは、ハイライトの現代語訳→原文→解説という構造になっている。
    津島版で読んだものは、あて宮への求婚譚が中心にまとめられていた。
    春宮に嫁いで、寵愛を一心に集めながらも、仲忠への思いが残っていて、「不機嫌なお妃」になってしまう―という結末だったような気がするが、この本ではそんな気配は全くない。
    この本で「○○宮」という呼称が、内親王を母とする子どもに許されたものだったとか、践祚と即位の違いとか、六歳まで乳を飲む幼児の記述は必ずしもヘンなことではなかったとかいう解説も、役に立つ。

    原文をわずかずつ読むことができて、よかった。
    尚侍、仲忠、いぬ宮の三人の合奏の場面のシーンの、なんと綺羅綺羅しいこと。

    楼の巡りは、まして、さまざまに、めづらしう香ばしき香、満ちたり。三所ながら、大将おはする渡殿にて弾き給ふなり。下を見下ろし給へば、月の光に、前栽の露、玉を敷きたるやうなり。響き澄み、音高きことすぐれたる琴なれば、尚侍のおとど、忍びて、音の限りも、え掻き鳴らし給はず。色々の雲、月の巡りに立ち舞ひて、琴の音高く鳴る時は、月、星、雲も騒がしくて、静かに鳴る折は、のどかなり。(「楼の上」)

    大分古文を読み慣れて「あからしき」、「こくばく」「けけしき」、「景跡(けうさく)」、「桃楚(ももすはえ)」などなど、知らない言葉がたくさん出てきた。
    これもまた楽しい。

  • 源氏物語より前の長編物語。
    遣唐使清原俊蔭が波斯国(ペルシア)へ漂着した天人・仙人から秘琴の技を学んでから日本に帰る。その技と秘琴が娘に受け継がれて話が展開していく。

  • ファーストインプレッションは、「古典はめんどうなので読みたくない」でした。「嫌い」とまではいかないにせよ、自分から手に取ることはまったくないです。
    そしてそのような本に触れる事こそが、この本袋会の趣旨であるわけです。

    しかしいきなり読み始めるところまではまだ気持ちがいかなかったので、とりあえず全体像を知ろうと思いあらすじや登場人物を調べました。
    するとこの話は、「琴の奏法」が鍵となってそれを主人公の祖父⇛主人公の母⇛主人公⇛主人公の娘へ伝授していくという、非常に壮大な話であるらしいということがわかりました。
    ここでようやく、おやこれはきっと面白くなるなという思いが芽生えたのでした。

    全体像が見えると、そこから読了までは早かったです。この文庫は原文のまとまりと現代語訳のまとまりが交互に並べられ、非常に読み進めやすく作られています。
    1時間半程度で読み終えました。

    さて読んでみて。
    私は自分自身のことをいろいろと考えさせられました。いま自分の手元になんらかの「バトン」があるのかないのか。あるとするならばそれはどのようなバトンなのか、そしてどこへつなげればいいのか。

    学生(とりわけ教員をめざす)を育てるという仕事をしている関係上、僕が教わったことをもう一度僕なりに解釈して学生たちに伝えていく、という意味でのバトンはいま必死に握っている最中かなと思います。

    ではその他は?「家」とか「家族」という側面で考えたとき、僕はそちらのバトンを握ることに対していまは積極的ではないのです。歳を重ねていくうち、ほんとうにそれでいいのかという思いも芽生えるかもしれません、そしてその時はもう遅いのかもしれません。

    そんななか、本作品の登場人物のひとりである嵯峨院が、クライマックス(まだ6歳という幼さである主人公の娘が、琴の奏法を受け継いで奏でる場面)でこのように言うのです。

    「老いは、厭うまじかりけり。」と。

    嵯峨院は主人公の祖父(琴の奏法の出発点)の知己であり、その曾孫が立派に奏法を受け継ぎ、晩年にその演奏をも耳にすることが叶って万感の思いを抱いたのでした。
    当初の伏線が終盤でぐぐっと回収されるおきまりのパターンが、大好きです(笑

    歳をかさねることは決していやなことなどではない、連綿と続く時間を大切になぞることで、得られるものもあるのだと、嵯峨院は教えてくれたような気がします。
    バトンのさきに何があるのかまだ自分は見えていないですが、その何かをつかむために、自分もまた走り続けなくてはならない。あるいは走り続けたいと、思ったのです。

    そのような歳の重ね方を、ぜひともしていきたいですね。
    自分がいつどの時点でどのような家族をもつことになるのかはまだまだわからないですが、少しポジティブになれた気がしています。

    (いじゅ)


    【推薦人より】

    日本で初めての長編物語、の「日本で初めて」を決め手に選びました。日本人なら知っててもいいだろ、と。
    千数百年の時を経ても、子孫繁栄をねがったり、結婚でもめたり御家騒動だったり出世競争だったり、人間て変わらないとこホント変わらないなぁって面白いから好きです。

    (ブクロ)

  • 読了。

  • 超ダイジェスト的な。

  • 最初は結構神秘的というかSFっぽいというか超人的で魅力的な登場人物のおかげで面白く感じたが、後半はドロドロしてるというかなんというか人間くさすぎて私はイマイチ

  • どんな話かこれまで知らなかったけれど、意外と面白かった。

全8件中 1 - 8件を表示

うつほ物語 (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス)のその他の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
谷崎 潤一郎
三島 由紀夫
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

うつほ物語 (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする