金曜日にきみは行かない (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
2.87
  • (2)
  • (4)
  • (27)
  • (10)
  • (2)
本棚登録 : 84
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (202ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043743056

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 現実と妄想と追憶が入り混じって、わけのわからん作品に仕上がっている。文学的意味合いがあるのかもしれませんが、自分には理解不能でした。

  • 読んだのは単行本。

  • 1回目で散々振り回され、混乱。
    2回目で背筋がゾワッときた作品です。

  • 2006 解説:柴田元幸氏

  • なんだかんだで、機会があれば読み続ける盛田隆二。
    最近に文庫化されたらしいこの作品。

    とにかく勢いのある、ぶっ飛んだ近代的日本の不思議の国のアリス。
    内容はさっぱり分からないけれど、面白い世界観。一気に読める。

    柴田元幸の解説も素敵。

  • 良く分かんなかった・・・。

  • この感じについて行く事ができず途中で読むのやめました 時間がある時にきちんと読もうと思う

  • 頭の中でこんがらがりそうなお話。何回も読めば読むほど内容が分かってきます。一度では少し分かりづらい。だけど好きです。綺麗。

  • とても不思議な話でした。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

一九五四年、東京生まれ。九〇年『ストリート・チルドレン』で野間文芸新人賞候補、九二年『サウダージ』で三島由紀夫賞候補。『ぴあ』の編集者を経て、九六年より作家専業。二〇〇四年に刊行された『夜の果てまで』は三十万部超のべストセラーとなる。著書に『残りの人生で、今日がいちばん若い日』(祥伝社文庫刊)、『いつの日も泉は湧いている』『蜜と唾』など多数。

「2020年 『焼け跡のハイヒール』 で使われていた紹介文から引用しています。」

盛田隆二の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×