超人計画 (角川文庫)

著者 : 滝本竜彦
制作 : 安倍 吉俊 
  • KADOKAWA (2006年6月23日発売)
3.02
  • (16)
  • (23)
  • (137)
  • (33)
  • (9)
  • 485人登録
  • 49レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043747030

作品紹介

新人作家は悩んでいた。厳しすぎる現実を前に立ちすくみ、ダメ人間ロードを一直線に突っ走る自分はこのままでよいのだろうか?…いや、よくない!!虚無感とルサンチマンに支配された己を変えるには、そうだ!"超人"になるしかないのだ!!「くじけてはダメ、ゼッタイ!」やさしく励ます脳内彼女レイと手を取り進め、超人への道!!『NHKにようこそ!』の滝本竜彦が現実と虚構のはざまに放つ前人未踏の超絶ストーリー。

超人計画 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 10年ほど前に読んで面白かった記憶があったので、また読み返してみた。間隔を空けて読み直すと、年とともにリテラシーが上がった分、より面白みが分かる本と、こんなものに夢中になってたんだっけ…と思う本とあるけど、この本はその両者の感慨が得られる本だった。

  • 面白い!小説と違って、ブログやエッセイはそれほど面白くない作家さんも多いと思うけれど、滝本さんは違う。小説「NHKにようこそ!」と同じテクニックを使いながら、小説をさらに上回るスピード感、カオス感、トリップ感。こんな文章が書けたらいいなあ。

  • 騙された、エッセイやん。 今までエッセイは遠ざけて来たのでわからないが、『ネガティブハッピー・・』で知った作者だったので半分物語として読めた。

  • 自意識と自己愛に満ちた内容のないエッセイのオチが結婚しましたって、そりゃないですよ。

  • 【本の内容】
    新人作家は悩んでいた。

    厳しすぎる現実を前に立ちすくみ、ダメ人間ロードを一直線に突っ走る自分はこのままでよいのだろうか?…いや、よくない!!

    虚無感とルサンチマンに支配された己を変えるには、そうだ!

    “超人”になるしかないのだ!!

    「くじけてはダメ、ゼッタイ!」

    やさしく励ます脳内彼女レイと手を取り進め、超人への道!!

    『NHKにようこそ!』の滝本竜彦が現実と虚構のはざまに放つ前人未踏の超絶ストーリー。

    [ 目次 ]


    [ POP ]
    ニーチェの理論を用いながらひきこもりからの脱出を図る書き手(滝本竜彦)。

    文章はほぼ全て「脳内彼女・レイ」との会話形式で進められる。

    レイに優しく叱咤されながら社会復帰を目指すが、あまりに打たれ弱い書き手は少しのことですぐに挫折してしまう。

    なぜ引きこもるのか、なぜこんなに打たれ弱いのかと書き手を批判するのは簡単だ。

    だが、読みながら私は自分の中に住んでいる「滝本竜彦」を強烈に意識せずにはおれなかった。

    自分のくだらなさにすぐ気がついてしまうせいで、目標を立てて努力したり、自分に酔ったりといった「物語」の中に自分を置くことができず、何の救いにもならない脳内彼女に甘えながらその日をやり過ごすしかない。

    どんな夢も、恋愛も、目標も心の支えとなってくれない――その状態に「神は死んだ」という言葉は何と似合うことか。

    何を信じるべきなのかわからない人間にとって、痛いほど共感できる一冊だと思う。

    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 本日読了。

    安倍吉俊の装画が良い。

    ルサンチマンという言葉への強迫的なまでの固執、自我観念や否定意識のループ・・・、極めてうざったい。
    このうざったさこそが、リアルなのだろう。

    「NHKにようこそ!」においては、岬という少女を引きこもりからの救世主として登場させていたが、本作ではその役割を脳内彼女レイに担わせている。
    この脳内彼女が妙に生き生きと愛しいものと描かれることで、作者の現実がとてつもなく痛々しいものであることを、半ば強引に実感させられる。

    おまけの「レイちゃんの知恵袋」。
    これがあって初めて、話はまともに完結する。

  • 初めて読んだ時はアレでしたけれども、再読となった今はもうなんというか…このエッセイが面白いとかつまらないとか…とにかくそういったことを気にしつつ書いているタッキー(=作者)が可愛い!!

    と俺などは言ってしまいますね…内容はなんというか、非常に痛々しいのですけれども、それを上回るほどの愛が…タッキーに対する愛が…読了後、芽生えていることに貴方は気づくことでせう…って何言ってるだ!? 社畜死ね!!

    ヽ(・ω・)/ズコー

    まあ、そんなわけで割かし楽しめたエッセイでした。タッキー本人に興味のある方はぜひ! と言いたいところであります…さよなら…。

    ヽ(・ω・)/ズコー

  • 「NHKにようこそ!」で著名な小説家・滝本竜彦氏のエッセイ。
    が、エッセイと言っても「ルサンチマンを唾棄し超人となる(恋人を作る)」というのが全体を通してのテーマとなっており、其々かなり自虐がが入る他、著者が大学時代からこのエッセイを書くまでの間に自らの脳内で作り出した架空の彼女、書籍の言葉で言う脳内彼女が話すという設定の元様々な事が語られたり、著者自身と会話をしたりするため、かなり創作の色合いが強く、エッセイと言うよりは著者自身を題材にした滑稽小説と言った感じの印象。

    内容は良い意味でも悪い意味でも「痛々しい」の一言に尽きる。
    学生時代に刺激的なゲームをプレイして人生の何かを狂わせた人やアニメに熱中し未だに童心から抜け出せない人など、著者となんらかの共通点を持つ人は、それなりに共感したり面白く思うのではないかと思う。
    自分は、あまり共感出来なかった。著者との共通点は嫌という程見つかったが、同族嫌悪的な感情でどうしても拒否感が湧く。自身の余裕の無さから純粋に滑稽味のある文章に対して「馬鹿だなぁ」と笑えず、「私はこうはならんようにしておこう」などと考えてしまう。

    文章自体はかなり改行が多く、軽小説によくありがちな文体なそれを感じる。かなり文章の密度は薄いため、手軽に読める。が、気を入れて読むとその薄さに拍子抜けてしまうため注意が必要。

    文の出来云々だとか、内容がどうだとか云々抜きに、適当にくだらない小説を読みたいといった人向けで、「超人計画」などという一昔前のSFチックな題名から勘違いしないことが重要。

  • 何がホントで何が嘘かわからんエッセイ。
    分かるのは作者が苦しんでいること、ただその一点のみ。
    ニヒリズムと無為な欲望の狭間でヒキコモリは懊悩する。
    そんなに嫌いじゃない、と思ってしまうのは
    俺も厨二で妄想癖のある変態だからなのか。

  • 薬の話が馬鹿(笑)。

全49件中 1 - 10件を表示

超人計画 (角川文庫)のその他の作品

超人計画 単行本 超人計画 滝本竜彦

滝本竜彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

超人計画 (角川文庫)に関連するまとめ

超人計画 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする