The S.O.U.P. (角川文庫)

著者 : 川端裕人
制作 : 影山 徹 
  • 角川書店 (2004年5月25日発売)
3.59
  • (32)
  • (35)
  • (72)
  • (6)
  • (3)
  • 本棚登録 :272
  • レビュー :50
  • Amazon.co.jp ・本 (456ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043748013

The S.O.U.P. (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • オンラインゲームの中の、アヴァターが、最終的に人工生命化してネット上に住むと言う発想がすごいと思いました。たしかに、オンライン上に別の生命体が棲みついて、繁殖して進化していくって言うのは、今後ありそうだなあと思います。さらに、彼らが人工知能まで備えていたら、リアルワールドに住む自分たちと、オンラインワールドに住む彼らと、お話したり、ともに仕事をしたり、なんてこともありうるのかも…。

  • オンラインゲームとハッカーとネットの自主制をテーマにしている本作。自分が考えていたことにも活かすことができそうな内容だった。正直専門用語は難しいがそれを省いても面白い作品であった。

  • IT用語を丁寧に説明していて、読みやすかった。オンラインゲームをベースにして、人工知能・人工生命を意識した物語には引き込まれた。スケールが大きすぎて、ちょっと現実感が無い。

  • インターネット普及し始めの頃を描いた10年以上前の作品。
    今でこそ一般人もほぼ24時間オンラインの時代だが、当時は一部の人間のみがそのような環境にいたんだと思うと、時代の変化を感じる。
    インターネットとネトゲーを舞台にこそしているが、「本人の発言からAIを作成する」という発想が、「言葉が人間を形造る」的な感じがして好き。

  • 飛ばし読みしておもしろかったようなわけわからんかったような。でもインターネットのネットワーク構造については読む前よりなんとなくわかるようになった。

  • パソコンとかネットに詳しくなくても面白い。10年以上前の本だから少し環境内容古いので、むしろ詳しくない方が楽しいかも。ただ指輪物語とゲド戦記が下敷きになっている箇所が多々出てくるので、その2シリーズを知っている方が多分楽しめるんじゃないかなと。しかし、読んでると半バーチャル、精神トリップしてるくらいのノリなんだけど、実際の設定はモニター越しの世界なわけだから、オンラインしてる人たちがほんとにこういう風にデジタルの世界を感じてるなら、想像力半端ないなという気もします。私個人は、チャットとかネット越しではむしろ会話できないんで、そういう知らない世界っぽいのが余計に面白かった。

  • ネット関連の小説は難しいことが多くて、読みにくいんだけど、つい夢中になって読んでしまうことが多い。これもバーチャルかリアルか…なんて事にのめり込んでしまった。バーチャルとリアルを混合してしまう気持ちがわからなくはないとこも私の中にあるのだと思う。
    時間はかかったけど、とても印象的な忘れられない小説になった。

  • MMOのお話。
    今読むと技術的な部分とかそんな難しくはないのかなと想います。
    AIを大量データで学習させるなんてアイディアは、今まさにホットな感じで先見の明があると思いました。

  • ネットゲームを題材にした作品は数多くありますがこの作品はその先駆け的なものではないでしょうか。

  • MMOをプレーしていた経験もあり、非常に興味深い小説だった。
    オンラインゲーム小説というよりは、インターネット世界小説だったが。
    構成上の問題か、いまいち盛り上がりに欠けたのが残念。

全50件中 1 - 10件を表示

The S.O.U.P. (角川文庫)のその他の作品

The S.O.U.P. (文芸シリーズ) 単行本 The S.O.U.P. (文芸シリーズ) 川端裕人

川端裕人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
宮部 みゆき
ジェイムズ・P・...
冲方 丁
伊坂 幸太郎
あさの あつこ
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

The S.O.U.P. (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする