The S.O.U.P. (角川文庫)

著者 :
制作 : 影山 徹 
  • 角川書店
3.59
  • (33)
  • (37)
  • (73)
  • (7)
  • (3)
本棚登録 : 286
レビュー : 51
  • Amazon.co.jp ・本 (456ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043748013

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • オンラインゲームの中の、アヴァターが、最終的に人工生命化してネット上に住むと言う発想がすごいと思いました。たしかに、オンライン上に別の生命体が棲みついて、繁殖して進化していくって言うのは、今後ありそうだなあと思います。さらに、彼らが人工知能まで備えていたら、リアルワールドに住む自分たちと、オンラインワールドに住む彼らと、お話したり、ともに仕事をしたり、なんてこともありうるのかも…。

  • インターネットが普及しはじめた頃のサイバーテロの話だが、この本が書かれた時代にAIがこんなにリアルに書かれているなんて。

  • オンラインゲームとハッカーとネットの自主制をテーマにしている本作。自分が考えていたことにも活かすことができそうな内容だった。正直専門用語は難しいがそれを省いても面白い作品であった。

  • IT用語を丁寧に説明していて、読みやすかった。オンラインゲームをベースにして、人工知能・人工生命を意識した物語には引き込まれた。スケールが大きすぎて、ちょっと現実感が無い。

  • インターネット普及し始めの頃を描いた10年以上前の作品。
    今でこそ一般人もほぼ24時間オンラインの時代だが、当時は一部の人間のみがそのような環境にいたんだと思うと、時代の変化を感じる。
    インターネットとネトゲーを舞台にこそしているが、「本人の発言からAIを作成する」という発想が、「言葉が人間を形造る」的な感じがして好き。

  • 飛ばし読みしておもしろかったようなわけわからんかったような。でもインターネットのネットワーク構造については読む前よりなんとなくわかるようになった。

  • パソコンとかネットに詳しくなくても面白い。10年以上前の本だから少し環境内容古いので、むしろ詳しくない方が楽しいかも。ただ指輪物語とゲド戦記が下敷きになっている箇所が多々出てくるので、その2シリーズを知っている方が多分楽しめるんじゃないかなと。しかし、読んでると半バーチャル、精神トリップしてるくらいのノリなんだけど、実際の設定はモニター越しの世界なわけだから、オンラインしてる人たちがほんとにこういう風にデジタルの世界を感じてるなら、想像力半端ないなという気もします。私個人は、チャットとかネット越しではむしろ会話できないんで、そういう知らない世界っぽいのが余計に面白かった。

  • ネット関連の小説は難しいことが多くて、読みにくいんだけど、つい夢中になって読んでしまうことが多い。これもバーチャルかリアルか…なんて事にのめり込んでしまった。バーチャルとリアルを混合してしまう気持ちがわからなくはないとこも私の中にあるのだと思う。
    時間はかかったけど、とても印象的な忘れられない小説になった。

  • MMOのお話。
    今読むと技術的な部分とかそんな難しくはないのかなと想います。
    AIを大量データで学習させるなんてアイディアは、今まさにホットな感じで先見の明があると思いました。

  • ネットゲームを題材にした作品は数多くありますがこの作品はその先駆け的なものではないでしょうか。

  • MMOをプレーしていた経験もあり、非常に興味深い小説だった。
    オンラインゲーム小説というよりは、インターネット世界小説だったが。
    構成上の問題か、いまいち盛り上がりに欠けたのが残念。

  • すごい世界観。インターネットを舞台にした一冊。10代に見てたら、ITの道を目指してたかも。

  • 自分の残す全てのログが「墓地」に残されていき、最後には自分自身と入れ替わるという設定が微妙に好き。

  • よくもまあこんなに小難しい内容がエンターテイメントになるなどと。ネットワークの世界をディープに楽しめる人でないと内容を完璧に楽しむのは無理だと思う。正直、よく分からないことも多かった。
    でも分からない部分は読み飛ばしていいと思う。それでもこの本なら面白い。「ネットワーキング」…何かと何かが繋がっていること/断絶されていることの面白さだけで読みきれる。
    一番伝えたいことが繋がることなのか、断絶されることなのかは分からないが、関係性の強弱/厚薄に対する書き手の強い執着を感じる。その強いエネルギーで書ききっているんじゃないかなあ。

  • 何の目的もなく読んだ本であり、そして特段頭に残っていることがあるわけではないが、このような無目的読書も、精神衛生上、また視野を広げる意味でもじゅうようではないか。

    プログラマからセキュリティを護るハッカーとして転身した主人公や悪質なHP侵入者を突き止めてほしいと依頼する経産省官僚。サイバーテロやハッカーの世界観に触れることのできる秀逸なエンタテイメント。

  • 読みやすいシーンと、たるいシーンがある。
    前半は引き込まれる。途中の読ませ方が少したるい。
    ハッカーとクラッカーの違いがわかった。ネットゲームをしてる人にはオススメ♪

  • IT用語で読むのが大変だったけれど、内容は思わぬ展開で面白かったので、最後まで読み切れました。

  • 初めて読んだときは、夜9時から朝の3時半まで読み続けて翌日の会社をサボった気がします。そのくらい引き込まれた本。技術的な用語をちゃんと読むのと時間がかかるので、お時間のあるときに・・。

  • ギークな人が主人公の本。ITの専門用語が小説中にどんどん出てくる。ギークな人の一つの世界観が垣間見れる。

  • 特殊な熱意をもってネットにのめり込んだ人々の物語、と言ってもいいのかも。
    自分もその一人として、この一作にノスタルジアを感じる。

全51件中 1 - 20件を表示

著者プロフィール

川端 裕人(かわばた ひろと)
1964年、兵庫県明石市生まれの小説家、ノンフィクション作家。東京大学教養学部卒業後日本テレビに入社し、記者として科学技術庁、気象庁を担当。
1995年『クジラを捕って、考えた』を執筆し、ノンフィクション作家としてデビュー。1997年日本テレビを退社後、1998年『夏のロケット』で第15回サントリーミステリー大賞優秀作品賞を受賞し、小説家デビュー。
その後も小説とノンフィクション二つのジャンルで活躍を続け、2000年『動物園にできること』で第31回大宅壮一ノンフィクション賞候補、2004年『せちやん 星を聴く人』で第25回吉川英治文学新人賞候補。2018年『我々はなぜ我々だけなのか』で科学ジャーナリスト賞、講談社科学出版賞をそれぞれ受賞した。

The S.O.U.P. (角川文庫)のその他の作品

The S.O.U.P. (文芸シリーズ) 単行本 The S.O.U.P. (文芸シリーズ) 川端裕人

川端裕人の作品

The S.O.U.P. (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする