オラ!メヒコ (角川文庫)

  • 角川書店 (2005年6月25日発売)
3.30
  • (5)
  • (15)
  • (40)
  • (2)
  • (2)
  • 本棚登録 :122
  • レビュー :18
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043753024

オラ!メヒコ (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 田口ランディが2003年にメキシコを旅した際の紀行文。
    実際には、旅行記というより、マジックマッシュルーム体験を主軸に据えたスピリチュアルな側面の強い内容になっている。著者自身の内面に踏み込む部分がかなり多くあり(自殺した兄のこととか)、明るそうなタイトルやカバーとは裏腹にちょっと重い、と感じた。
    精神世界とか、苦手なんだよなぁ。
    土着の信仰に巫女とかシャーマンはつきものだし、スピリチュアルなものすべてを否定するわけではないんだけど、幻覚を介しての安易な完全自己肯定とかって、どうなんだろうと考えてしまう。

  • 今までの人生で然程関心のなかったメキシコに行くことになりメキシコ関連情報を漁って読了。マジックマッシュルームでシャーマンセッション体験なんて考えたこともなかったし書いていいの?ってぐらいの内容だけどなんか癒やされたし関心を持ってしまう。めっちゃスピリチュアル。オアハカには行けないけどメキシコに行くのが楽しみになってきた!探してる何かを自ら捕まえに行くより、捕まってしまいたい。その感覚大切。

  • 新書文庫

  • 海外旅行をするとき、日本を出ると思うだけで一気にほっとする。そんな気持ちがどうして生まれるのかちょっとわかった気がする。

  • メキシコにゆきたい!

  • Just for me!!

  • これは悩める田口ランディがAKIRAの導きにより、カメラマンと編集者と旅するチン道中記。
    場所は自殺者が最も少ない国「メヒコ」。  そう、メキシコ。
    まったく日本とは逆の国でみんなが感じるものとは?
    女あり、シャーマンあり、キノコあり、恋ありの不思議なたび。
    そして、みんなメキシコに行きたくなる。そんな本でした。

  • メキシコにマッシュルームのシャーマンを求めて旅する二人。
    スピリチュアルなメキシコ。

  • メキシコ行く前に、読んでみた。
    シャーマンに会いに行くか迷う。

  • アウトローな生活

全18件中 1 - 10件を表示

田口ランディの作品

オラ!メヒコ (角川文庫)はこんな本です

ツイートする