水の巡礼 (角川文庫)

制作 : 森 豊 
  • 角川書店
3.35
  • (3)
  • (11)
  • (27)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 85
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043753031

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 大峯山中の天河神社、多摩川源流と渋谷川、屋久島、出雲大社など、「水」に関わる聖地(?)巡礼のエッセイ。ややスピリチュアル系方向に行く傾向があるものの、筆者自ら書いているように取り組み方は「生半可」なので、あまり気にはなりません。
    天河神社行きたいんですけどね。奈良まではよく行くものの、そこから先がまた遠い…。

  • ランディさんの文章はメルマガ時代から読んでいるが、やはりエッセイが好きだ。
    特に今回の「水」についてのピルグリムは追体験したような感覚になる。
    アイヌのアシリ・レラさんには以前文京シビックホールでの講演会でお話を聞き、握手していただいたことがあるが、大きく固く、とても熱い手に母の手を思い出した。
    やはり母性は同じ”産み出すもの”として大地とつながりやすいものなのだろうか。
    それならば母になれない女性は何になるのだろうとふと考える。

  • オカルト好きな人はぜひ。
    私はあんま好きじゃなかったです…。

  • 日本は水の国。

  • この本のおかげで、出雲大社と出会えました。
    出雲大社はきもちいい。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1959年生まれ。2000年、長篇小説『コンセント』で衝撃的デビュー。以来、人間の心や宗教、原爆等をテーマに独自のスタンスで執筆を続けている。著書に『マアジナル』『サンカーラ』『指鬘物語』等多数。

「2017年 『逆さに吊るされた男』 で使われていた紹介文から引用しています。」

水の巡礼 (角川文庫)のその他の作品

水の巡礼 (角川文庫) Kindle版 水の巡礼 (角川文庫) 田口ランディ

田口ランディの作品

ツイートする